Latest Entries

奥の院通信を始めました

そのお知らせメールです。これをご覧頂き、それから次をお読み頂ければと思います。
お知らせと最新通信ということになります。宜しくお願いいたします。

奥の院と言えば、ある人は高野山ですかと言い、又ある人は江戸城の大奥ですかと言われました。
勿論、そうではなく、世界を支配している人たちのことを言っています。
この世界で、絶大なる力、支配力を持っている人たちの存在です。しかも彼らは今のところ姿を現しません。
人によってはこれをディープ・ステートと言ったりしてます。彼らは国家というものを認めませんから、この言い方はまだ使用するのを躊躇しています。他に、国際金融資本と言ったり、ネオコンと言ったりもしています。これらは奥の院全体を表す言葉としては物足りません。
従って、今のところ奥の院と表現することにしました。
この話をすると、ほとんどの人は陰謀論と言って嘲笑して終わりになります。

これから、様々な講座の紹介や役に立ちそうな記事、論文など掲載していきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

この頁では奥の院講座などのご案内をさせて頂きます。気が向いたらご遠慮なくお越し下さい。


      講座のご案内      

日  時    令和2年8月7日 18時00分~午後20時30分 
         (午後17時45分受け付け開始)
場  所    文京シビックセンター地下1階 学習室
        会費千円(資料代含む)学生無料
連絡先 【大東】 090-8209-4809

日  時    令和2年8月27日 午前11時~午後1時
場  所    北浜法律事務所
        大阪市中央区北浜1-8-16
         大阪証券取引所ビル21階
        終わって近くで昼食懇親会を致します。

日  時    令和2年11月25日 午前11時~午後1時
場  所    北浜法律事務所
        大阪市中央区北浜1-8-16
         大阪証券取引所ビル21階
        終わって近くで昼食懇親会を致します。
 

支配の源泉は、いつの時代も、どこにおいても、お金と情報である。
世界の基軸通貨ドルを発行しているのがFRBで、世界に情報を発信しているのがロイターなどの通信社で、いずれも奥の院の所有である。

世界にお金を供給しているFRBは1913年設立され、翌1914年に営業を開始した。
この年第一次世界大戦が勃発し、1917年に米国が参戦、翌1918年ドイツを廃墟にして終了した。
その後、13年経った1941年、第二次世界大戦が起き、ドイツと日本が廃墟になって終わった。

戦争にはお金がかかる。お金がなければ戦えない。そのお金を提供するのが奥の院の所有するFRBである。そしてFRBを所有する奥の院は、一握りの民間人である。
しかし、メディアはFRBのことを言う時は、必ず「アメリカの中央銀行」と言い、さも米国の国立銀行のように言う。

FRBと米国政府とは何の関係もない。米国政府はFRBの株は一株も持っていない。そして、世界の基軸通貨であるドルを発行しているのは米国政府ではなくFRBである。
従って、1913年FRBが創設されてからは、米国はFRBを通じて奥の院に完全に支配されてる。
2009年にロン・ポールという米国下院議員が「連邦準備銀行を廃止せよ」と言う本を書いている
(彼は次の選挙で落選させられた)。この本は奥の院にとっては都合が悪かったから落選させられた。

もう一つの世界支配の手段である情報は、ロイターなどの通信社であるが、奥の院は此を使って、自分たちの都合のいい情報を発信し、世界中の世論を誘導する。
日本のメディアはこれらの通信社からニュースを有料で買っている。独自の取材はしない。従って、人はみな、程度の差はあれ、奥の院に洗脳されている。


 

歴史に残る世界の英雄

 歴史に残る英雄はユダヤが造る。世界に残る悪魔も同様にユダヤが造る。
 
 カエサルは自分の政治的野心から、ユダヤ人を味方に付け、カエサルはすぐにローマの独裁者にして且つ世界の支配者となった。
 一旦、支配者としての地位を獲得すると、それを維持するためには、ますますユダヤに迎合していくことになる。益々ユダヤ人を利する政策をとっていくことになる。カエサル法令を制定し、ユダヤ人は徴兵免除し、エルサレム神殿に向けての金塊の積み出しも許可した。

 国家間の黄金の取引は、2千年前も今日と同じで、ユダヤの国際的な勢力の基礎をなしていた。そして、その取引は、「宗教的営為」であることを偽装して行われた。この彼等の黄金崇拝は、彼等の編み出した唯物思想の基盤にもなっている。

 ユダヤ人の宗教は昔も今も黄金である。エルサレムのユダヤ神殿はバール神すなわち黄金の仔牛で、崇拝の総本山だった。ただし、バール神は今は「エホバ」と呼ばれているようである。
 ローマの元老院議員たちの中には、黄金取引を禁止しようとする者もいたが、彼等はいつもユダヤ勢力に打ち倒された。

 その上、カエサルはユダヤ人の特別法廷を認め、ユダヤ人の治外法権を認めた。ユダヤ人をローマ帝国内における特権階級としてしまった。ローマ帝国内にユダヤ国家を認めてしまったのである。
 以来、ローマ人はユダヤ人の支配下(奥の院支配下)に入ってしまった。ローマ帝国は実質的には滅亡し、中味はユダヤ帝国になったのである。

 ローマ帝国が奥の院支配となってから後の世界は、今日に至るまで、奥の院支配が続いている。
 ある歴史家は「人類の歴史は非ユダヤ人のユダヤ人に対する抵抗史である」といったが、これは真実である。世界に勃興してくる王国、帝国は悉く彼等に潰されてきたことが、まさにこの事実を証明している。

 カエサルの将官たちが仲違いしたあと、「ローマ帝国皇帝となったアウグストゥス帝はユダヤ人の特権を回復させた」とレオンは書いている。カエサル亡き後、アウグストゥス帝がユダヤから選ばれたということである。

 その後、ユダヤの意向に逆らったコンスタンティヌスはローマから追放されてしまった。彼は仕方なくローマをあとにして、東に移動し、東ローマ帝国を造った。
 彼はユダヤ人を役人(公務員)にせず、且つユダヤ人を教育者(学校の先生)にしなかったので、東ローマ帝国はその後1200年の長きにわたって繁栄した。

 従って、世界の歴史を書いている奥の院(ユダヤ人)は東ローマ帝国のことは語りたがらない。無視し学校でも教えない。この帝国の繁栄していた時代を中世とし、暗黒の時代と歴史は書いている。 東ローマ帝国はその後トルコに滅ぼされているが、その時は、やはり、ユダヤが情報(スパイ)と資金をトルコに提供していたものと思われる。

 東ローマ帝国が滅亡した15世紀(1453年)は、ユダヤ人が欧州のあらゆる王国から追放されていた時代である。だから多くのユダヤ人が東ローマ帝国内に逃げ込んでいた時代である。
 従って、彼等がトルコに機密情報を提供し、東ローマ帝国を滅亡に追い込んだという可能性が大きい。バビロニアをペルシャに滅ぼさせた時と同じ手法である。
 
 

ジュリアス・シーザー

 ローマ帝国各地のユダヤ共同体は、主として戦争捕虜奴隷によって形成されていた。そして、ユダヤ人奴隷は同胞のユダヤ人に身請けされたり、その奴隷所有者(ローマ人)に解放されたりして、ローマ帝国内の各地に居住していた。

 ところが、ユダヤ人奴隷はユダヤ教の飲食戒律を頑なに貫き、安息日に働くのを拒否した。その上、風変わりないかがわしい宗教儀式を強行するため、そのローマ人奴隷所有者は、奴隷として使いづらいと考えるようになる。しかも、紀元1世紀には、ローマ市中のユダヤ人は、既に侮りがたい存在となっていた。ローマの属州イスラエル(パレスティナ)では、ユダヤ人は何の罪もないイエス・キリストを強引にローマ軍に処刑させている。 

 こうした時代背景の中、政治的野心のあるユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)は、ローマの政界が対立する多くの党派によって構成されている中で、断固たる支援をしてくれ、しかも他党にも支援を働きかけてくれる一党の支援を必要としていた。この一党こそがユダヤであった。

 当然のことながら、ユダヤは支援の見返りを要求する。つまり、ユダヤの要望を満たしてくれる政治家なら、誰でも支持することを保障していた。カエサルはこの単純な事実に気がつき、各地のユダヤ人を探し出しては、彼らの支持を取り付けた。
 
 ところが、カエサルはユダヤを少し甘く見たようである。帝国内にばらばらに居住しているユダヤ人は、裏できちんと繋がり、団結していることを甘く見たのである。彼らの出してくる要求はどこまでもエスカレートするのである。

 レオンは『古代ローマのユダヤ人』で、「『人民党』つまり自由民主党あるいは民主党のユダヤ人は、カエサルを支持した。そして、カエサルは常にユダヤ人に有利な裁断を下した。」と書いている。

 それ以来2千年、世の中は全く変わっていない。あらゆる国に自由民主党が存在し、その党はユダヤ人の野心を代表する。現在の日本であれば、自民党がユダヤ(奥の院)の野心を代表することになる。現在では、彼らの支配下に入っていると言える。誰が総理になっても、国民のための政治はなかなか行えない。奥の院が半島や大陸を触媒として使用し、日本を完全にコントロールしている。この姿は、この当時のローマと全く同じか、それ以上に進んでいるのかも知れない。 

 ユダヤを味方につけたカエサルは、たちまちローマの独裁者となり、益々ユダヤに迎合し、それまで友人ブルータスに率いられた忠実な元老院議員たちは、遂にカエサルを暗殺する決心をすることになる。そして、カエサルはブルータスに暗殺されたが、我々はこの史実だけは歴史で学ぶ。

 先のレオンは「ユダヤから受けた支援に対する見返りとして、カエサルは目に余るほどのユダヤ贔屓を示した。そして、ユダヤの利益のために発したこのカエサル法令は、『ユダヤのマグナ・カルタ』と呼ばれてきた。法令は、ユダヤ人を徴兵免除し、エルサレムの神殿に向けて黄金を船で積み出すことを許可した。その上、ユダヤの特別法廷の権限を承認した」」と書いている。

 「ユダヤの特別法廷の権限を承認した」と云うことは、ユダヤに治外法権を認めたと言うことである。そこまで、カエサルはユダヤの要求を容れていったのであった。

ファシスト・ファシズム

 古代ローマは国内にいるユダヤ人にも、ローマ国民と同じように、ローマの法律を適用しようとした。ユダヤ人は非ユダヤ人の作った法律は守らない。そこでローマは彼らに、一般のローマ人と同じように守らせるには、武力(警察力)を持って守らせざるを得なかった。武力なしの法律は空疎な証文に過ぎないからである。
 
 そこでユダヤ人は、異常なまでにローマ人を憎んだ。カシュタインは『ユダヤ人の歴史』の中で、「ユダヤ人にとって、ローマは憎むべき一切の事柄の精髄をなしており、それ故、ローマは地上から一掃されるべきものと考えた。ユダヤ人は、ローマとその発明品である武力(警察力)と法律を、人間にはあるまじき憎悪をもって憎んだ。」と書いている。
 
 そこで、彼らは「ファシスト」「ファシズム」という言葉を造った。「ファシスト」とは何を意味するのかについては、何の説明もしない。
 それは、ローマの法官が犯罪者に刑を執行するのに用いた束桿(ファスケスfasces)、即ち、束ね合わされた棒という意味に由来する。日本の警察官が携帯している警棒に相当するものである。それは単に法律による統治にすぎなかった。つまり、残忍なユダヤ人のモーゼの律法と対立する、非ユダヤ人の法的秩序を意味するものに過ぎなかった。
 ところが、今日、この単純かつ正確なファシズムの定義を全くしない。ユダヤ人の教授たちは、学生に「ファシストという獣!」は、人間の中で最も恐ろしく邪悪なものであると教えるが、決してその先の説明はしない。
 
 ローマの没落に際して、ユダヤが果たした役割を指摘する歴史家は殆どいない。そして、ユダヤ人がローマ帝国で獲得した権力について、何らかでも示唆を与える歴史家は更に少ないという。先の大戦では日本もドイツと同じように、「ファシズム」「ファシスト」というレッテルを貼られた。そこには何も意味はなく、ただ「悪魔」といった雰囲気を醸し出しているに過ぎない。ユダヤ人にとって気にくわない法律が適用されたことに対する、腹いせ程度のことに過ぎなかったのである。しかし、彼らがこの言葉を吐くときの口汚さは聴くに堪えない。
 
 勿論、その根底には、ユダヤ人は非ユダヤ人の作った法律は「守る必要はない」「守ってはいけない」という、信じられないことであるが、ここには、彼らのこの意識が作用している。人間でもないゴイム(獣)が、人間様であるように、偉そうに法律なんか作って、人間様・ユダヤ人にこれを守らせようとするなんてとんでもない、という意識が根底にある。ユダヤ人はその内部の法律では、非ユダヤ人の作った法律は守ってはいけないのである。「モーゼの律法」以外のものに従ってはいけないのである。そして、「モーゼの律法に従う」と誓った者だけがユダヤ人なのである。ユダヤ人の定義は決して生物学的な民族ではない、「モーゼの律法だけに従う」と誓ったものは、非ユダヤ人でもユダヤ人と扱われるのである。その代わり、それを破った者に対する制裁は厳しいものがある。それは「やくざ」や「マフィア」の社会と同じである。
 
 人間社会には「郷に入れば郷に従え」という社会の掟のようなものがあり、他の社会に入っていった人間は、それによって調和を保ち、平和を維持してきた。勿論、そこでは「郷に入る」ことに強制をともなう事もある。ところがユダヤ人は「郷に入って郷に従わない」「郷に入っても郷に従ってはいけない」ので、彼らはどこに行っても嫌われる。当然のことである。
 ところが、彼らは自分たちに原因があるとは決して考えず、「迫害」を受けたという。「迫害」を受けたと、歴史にも書く。何故「迫害」を受けたかと云う原因には触れない。これを書いた歴史は一切ない。従って、非ユダヤ人はすっかり騙されて、「ユダヤ人はかわいそうな民族」という。事実は、ユダヤ人こそが、人類を苦しめてきたのである。今もこれは変わらない、益々エスカレートしている。

再びエステル

 ローマ皇帝トラヤヌス(在位98~117年)はローマでユダヤ人代表団に「余は既に皇后ポルティナに説得されて、ユダヤの味方に付いている」と挨拶した(歴史家タキトゥス)。ここでまた、ペルシャのクセルクセス一世(アハシュエロス王)の妃エステルが現れたようである。

 トラヤヌス帝は属州イベリア半島出身の軍人で、即位直前の97年10月、先帝ネルヴァの養子になっている。従って前皇帝とは血縁関係はない。確かに、彼は軍人として各地に遠征し、ローマ帝国は彼の時代に最大版図となった。

 歴史は、人物的に優れたトラヤヌスを養子にして次期皇帝にした、ネルヴァの判断を賞賛している。その彼が、「余はユダヤの味方」と挨拶している。非常に分かりやすい。つまり、ローマ帝国を最大版図に広げたトラヤヌス帝は、ユダヤ人が即位させたということである。
 ここで再び「エステルの物語」なのである。記録に残る5千年の歴史を通して、ユダヤにまつわる多くの史談で、同じテーマが何度も繰り返されるのである。

 エジプトのオクシヒンチャスで発見されたパピルス文書によると、ヘルマイスカスという名のローマ人が反逆罪に問われたとある。これは明らかに、ペルシャ帝国の宰相ハマンのように、彼がユダヤ人の強まる勢力に抗議したためであった。

 このパピルスには、ヘルマイスカスがトラヤヌス帝に「ユダヤ人でいっぱいのあなたの内閣や枢密院を見ると、心が痛む」と弁明したと書かれている。勿論、彼はこの大胆な発言によって、自分自身に死刑を宣告したことになり、処刑された。
 過去何世紀かの間に、似たような原因で、何人の非ユダヤ人がユダヤ人に殺害されてきたことであろうか。近代に入ってからでも、チャールズ1世、ルイ16世、リンカーン、ケネディと数え上げればきりが無いほどである。

 ある歴史家は「人類の歴史は非ユダヤ人のユダヤ人に対する抵抗史である」と書いた。まさに真実であり、これが分からなければ真の世界史は分からないと言える。
 しかも、ユダヤ人は何時の時代も、丹念に焚書を行うので、この抵抗史は資料に乏しく、最近になってようやく、パピルス文書や石にかかれたアマルナ文書などが解読され、かすかに真の歴史の片鱗が出てきているに過ぎない。

 太古の昔から、ユダヤ人(奥の院)が世界を支配していることだけは、明確にして確かな事実である。そして、現在もそれが続き、その支配は益々強固になってきている。彼等の最終目的はユダヤ人による非ユダヤ人の奴隷化である。世界統一政府(ユダヤ人奥の院政府)による人類奴隷化である。

 現在の新型コロナウィルス騒動も、世界統一政府(ワン・ワールド・オーダー)へ向けて前進している現象に過ぎない。よく「金融資本家らは、既に十分な富を持っているのに、他に何が欲しいのだろう」と疑問を投げかける人が多いが、それは非ユダヤ人の完全奴隷化が、奥の院の最終目的であることを理解していないからである。