Entries

破壊は続く

 エジプト第六王朝(紀元前2345年頃~紀元前2185年頃)について、イプウェルが記したパピルス文書『イプウェル・パピルス』に
 「町は破壊された。何年も騒ぎが続き、終わらない。湖の魚は死に、虫、昆虫、爬虫類がどっと子孫を増やした」とある。

 何とわけの分からない出来事であろうか!戦乱があったとは一言も書かれていない。王国は、外部からの攻撃を受けたのではなかった。しかし、王朝は滅んだ。
 「・・・富める者は全てを略奪されて寝る住まいもなかった」
 「・・・湖や河の魚は死に・・・騒ぎは終わらない」
 この記述は、フランス革命とロシア共産主義革命に妙に似ている。

 ユダヤ人は、「フランス革命」と「ロシア共産主義革命」という名前をつけて歴史に残した。
 実体は単なるユダヤ人によるフランス人大虐殺であり、ユダヤ人によるロシア人大虐殺であった。王と王族、市民を理由もなく「革命だ」と云い虐殺していった。

 フランスとロシア、いずれも戦争はしていない。フランスの場合、革命と称するフランス人大虐殺が先にあり、王朝は崩壊した。そこに愛国者ナポレオンが現れて、ユダヤ人に対する抵抗戦争が起きた。しかし、ユダヤ人は対仏大同盟を作り、寄ってたかってナポレオンを潰した。最後は大西洋の真ん中のセントヘレナ島に連れて行って毒殺した。

 ロシアも、革命と称し,理由もなくユダヤ人がロシアの王と王族、市民と農民を殺害していった。その後、抵抗戦争として白軍、赤軍との殺戮戦争があった。ユダヤ人が赤軍を無限に支援し、ロシアは破壊された。今もプーチン攻撃で、破壊活動が続いている。

 また、エジプト研究の優れた資料の一つに、マネトの『エジプトの歴史』がある。マネトは、前250年頃のエジプトの神官であり歴史家である。エジプト人であるが、ギリシャ語で著作している。彼はエジプト王国の滅亡を次のように記述している。
 「東方からやって来た素性の卑しい民が、図々しくもエジプトを侵略し、主力部隊によって易々と、一度の戦闘すらなく、この国を制圧した」

 日本も先の大戦で国土は廃墟と化し、隣の半島人は一旦全員半島に帰った。残っていたのは3百人程度であった。奥の院は日本領土であった半島を全く破壊しなかった。空襲はなかった。
 ところがその後、復興し始めた日本に、日本の無防備な状況を良いことに、再び続々と大手を振って密入国し、戻ってきた。彼等は戻ってきた日本で悪さの限りをするが、「三国人」と称し日本の治安当局は手が出せなかった。現在も変わらない。奥の院の保護下にある彼等には手が出せない。

 日本は彼等とは一度も戦争していない。12百年前に神功皇后が三韓征伐し、半島全体が日本に服属したので、日本領なのである。
 白村江の戦いがあったが、これも実際は唐との戦争であった。元寇(日本侵略)、秀吉の朝鮮征伐(明征伐),日清戦争といずれも、時の支那大陸の王国との戦争であった。朝鮮との戦争ではない。

 ところが最近は、この半島人による日本国の破壊が進んでいる。戦争などしてないが、彼等の破壊行為は着々と進んでいる。彼等の中から総理大臣も出てきている。どうも、彼等の後に奥の院がついたようである。奥の院は半島人を使って日本破壊を進めているようである。

 「天皇と同じ空気を吸っているのが気持ち悪い」という者が、堂々と国会議員(辻元清美)として日本国に多大な悪影響を及ぼし、奇妙なことに、日本人はこれを歓迎している。少なくとも、日本人が彼女を国民の代表として国会に送っている。
 戦後日本ではじめて野党議員として総理大臣になった村山富市は阪神淡路大震災を招いた。この時の神戸長田の火災は、彼が自衛隊を憎んで、自衛隊を現地に立ち入らせなかったことにより起きた。これは彼が招いた人災であったことは明らかである。

 また、「この日本国は日本人だけのものではない」という半島人(鳩山由紀夫)が日本国の総理として大活躍(皮肉)している。また、彼は「基地を沖縄から外に出す」といって沖縄基地問題を引き起こし、日本を大混乱に陥れている。しかし、彼は未だに政治家として大活躍(皮肉を含め)している。ちなみに、彼はフリーメーソンである。

 更にまた、東北大震災の時、原発事故を招いた半島出身の総理(菅直人)も、日本を破壊に導いている。しかし、少なくとも日本人が彼を総理に選んでいる。問題は、いつ日本人がこれに気付いて、日本を取り戻すかである。教育とメディアを取られてしまっているので難しそうである。


スポンサーサイト



コメント

[C52] ジェイコブ・ロスチャイルドの運勢!

古神道由来の数霊術姓名判断でロスチャイルド家の人々の運勢を占います。なお姓名順のロスチャイルド・ジェイコブで診ます。
「祖先運」ロスチャイルド=221→5は七大吉数の和合運です。長所は知恵・機知・柔軟性、短所は狡猾。物事の流れに関わりますが、行き過ぎれば知恵と商売を意味するだけに狡猾さが生じるでしょう。
「前半生運」ジェイコブ=144→9は凶数の闘争運です。長所は行動力・明晰・迅速、短所は闘争・事件事故。事件事故は躍動するエネルギーの暴発であり、言い換えればエネルギッシュなパワーの内包を意味します。
「後半生運」ロスチャイルド・ジェイコブ=221+144=365→14は吉凶混合数の排他運です。長所はそつがない・知性的、短所は排他的・クール。エキセントリックというか偏屈な所があり他を認める度量に欠ける星導となります。
「一生運」ド+ジ=122→5は七大吉数の和合運ですが上記祖先運5と同じです。
「中和運」ロ+ブ=110→2は凶数の保守運です。長所は優しい・協調性・保守性、短所は感情的・消極的・不安定。非常に内向的・消極的な数ですが、良い形で作用すれば優しさや協調性につながるとも言えます。

ジェイコブ・ロスチャイルドは1936年生まれの84歳で第4代のロスチャイルド男爵です。「RITキャピタル・パートナーズ」を統括し総資産は22.1億ポンド(2979億円)です。ジョージ・ソロスらの金価格操作、欧州各国の企業買収、CIAレポート等に暗躍しています。「ポンドの支配者」と言われています。ロンドン・ロスチャイルド家の祖ネイサンの「早すぎると思うほど早く売ってしまうことです」という遺訓を良く守り、1987年アメリカ・ウォール街暴落前に買収済企業の株を全て売却してロスチャイルド家を守ったとのことです。
  • 2020-07-15 13:09
  • 馬耳東風
  • URL
  • 編集

[C55] 神戸大震災の長田地区

神戸大震災の時、長田地区は、自衛隊を入れさせて無かったのですか。
知りませんでした。

道が入りくんで、入れなかった様なことを聞きましたが、へんな話だなと思いつつ、聞いてましたが。

焼け跡から、彼らが準備した大砲が見付かったという事も聞きました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する