Entries

化石民族

 ユダヤ民族はこう定義される。

 もう3500年前の話になるが、ユダヤ人が征服者ヒックス族のために道を開いて、エジプト王朝を滅ぼした。ファラオ(王)からは優遇されていたにも拘わらず、である。
 エジプトの征服者ヒックス族は,ユダヤ人の導きで、戦闘を一度も交えずにエジプトを討ち滅ぼし、一世紀以上([前1700年頃~前1580年頃)に亘って、エジプトの民衆の上に専制を敷いた。エジプト人は彼等の下で苦役で虐げられた。

 ユダヤ人はこの裏切り行為の故に、ヒックス族が追い出されたあとは、奴隷にされ重労働を強いられた。懲らしめられるのは全く当然だった。
 そこで、彼等は奴隷身分に耐える代わりに、パレスティナに帰り、放浪の盗賊生活を再開する事を許して欲しいとファラオに懇願した。しかし怒り狂った民衆は、ユダヤ人の懲罰は途中で止めるべきではないと要求し、ファラオもこれには同意せざるを得なかった。
 
 するとユダヤ人は,何とかそこから逃げ出そうと、得意のあらゆる奸計を用いて自由を得ようとした。毒薬を用いて飲み水を汚染し、悪疫をエジプト人の間に引き起こした。
 その上、安息日は働かない、宗教行事のため罷業、怠業を行う。結局エジプトの民は彼等を扱いかねて、仕方なしに彼等が出て行くことを許すことになる。目出度く「出エジプト」となるのである。

 あれっ!今も同じ?
 人間の振りしたゴイム(非ユダヤ人)どもが、「国なんか作って人間ぶっている、こんなの潰してしまえ」と、奥の院は次々とゴイムに戦争をさせ、遂にゴイムを滅ぼして世界支配を完成させた。つまり、グローバリズムを完成させ、世界を統一して、全人類を奴隷にする体制が、完成する一歩手前まで来た。

 ところが、しぶといゴイム国家指導者が生き残って、今一歩の所に来ているのを邪魔している。そこで、3500年前のノウハウを持ち出して来た。井戸を毒で汚染し、疫病を蔓延させる、先人の知恵を確り生かすのである。
 
 最後に邪魔になった日本を核爆弾で黙らせたあとは、いつでも世界を滅ぼせる核兵器を大量に保有しておいて(その管理は勿論奥の院がする)、現在はエイズ、サーズ、今回の新型コロナウィルスなどと、生物兵器を次々に開発して、ゴイム虐殺を実施している。
 今回の新型コロナウィルスも、人工的に造られたものであることは疑う余地はない。人工的なものであるかどうかを詮索させないところが、それを証明しているのである。そして人工的に作るのは奥の院以外には考えられない。
 
 そういえば、歴史家でロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授のアーノルド・トインビーは主著『歴史の研究』で「ユダヤ人は〝化石民族〟である」と記述して、ユダヤ人の決定的な定義を下した。その後の歴史は、このトインビーの下した定義を実証している。
 
スポンサーサイト



コメント

[C54] ロスチャイルドの始祖マイアーの運勢!

古神道由来の数霊術姓名判断でロスチャイルド家の始祖マイアー・ロートシルトの運勢を診ます。。なおロートシルトはロスチャイルドのドイツ語読みですが姓名順のロートシルト・マイアーで診ます。
「祖先運」ロートシルト=134→8は吉数の忍耐運、長所は努力家・忍耐力、短所は試練・制限。人は何か成し遂げる時や試練に出くわした時に必ず忍耐を必要とします。
「前半生運」マイアー=37は七大吉数の剛健運、長所は強い精神性・不退転の決意、短所は強烈な試練。外見を飾らず一心不乱に目標に進む力強さは男性的な吉数と言えます。「後半生運」ロートシルト・マイアー=134+37=171→9は凶数の闘争運、長所は行動力・明晰・迅速、短所は闘争・事件事故。この数は迅速さに繋がり頭の回転の速さにも繋がります。
「一生運」ト+マ=48は吉数の有徳運、長所は有徳・忍耐力・縁の下の力持ち、短所は試練多し。物静かな有徳の人ですから人々から信頼されるでしょう。
「中和運」ロ+ア=43は吉凶混合数の虚空運、長所は解脱の可能性、短所は浪費・現実感欠如。金銭的意識の拘泥が薄く俗世向きではありません。
マイアー・ロートシルトの運勢指数は(祖先運+1)+(前半生運+3)+(後半生運-1)+(一生運+1)+(中和運±0)=+4

ロスチャイルド家の始祖マイアー・ロートシルトは1744年~1812年の享年68歳、神聖ローマ帝国フランクフルト出身のユダヤ系ドイツ人。古銭商から出発し信用供与・貸付業務で飛躍して銀行家として大成します。
「穏和な性格で人の心を掴むことが得意であった」「マイアーの商売は正直であり取引相手も必ず儲けることが出来た」
息子5人から誓約書を提出させた事業委託の要件「他の兄弟を無視して自分勝手な単独事業をしてはいけない」「利益は持分に応じて分配すべきこと」「女子に事業を継がせてはいけない」男系男子の長子相続がロスチャイルド家繁栄の秘訣でしょうか。
ロスチャイルド家の日本との関係では日露戦争での日本への巨額貸付、関東大震災後の復興貸付で日本経済へ浸透しました。
  • 2020-07-17 09:08
  • 馬耳東風
  • URL
  • 編集

[C56] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する