Entries

大変な年・1848年

 一口で言えば、奥の院が世界支配を目指して、具体的に行動を起こした年である。 この年の前年1847年、奥の院の根拠地となるイギリスで、イングランド銀行だけがピール銀行条例の法定準備率の適用除外とされた。 つまり、奥の院のイングランド銀行にだけに、「打ちでの小槌」を与えたのである。この「小槌」から打ち出される通貨が、彼らにとって都合の悪い敵(王国)を次々と殲滅していくための軍資金となる。そして現在で...

米墨戦争

 1836年、第2アメリカ合衆国の認可期限延長が認められず、奥の院はアメリカでの銀行を失った。つまり、奥の院はアメリカでの通貨発行権を失ったのである。 そこで奥の院は、何とかしてアメリカ政府に再び奥の院の銀行を認めさせる(通貨発行権を認めさせる)べく活動を始める。 それにはアメリカ政府に金を使わせて、アメリカ政府を財政難に陥らせ、奥の院に資金を借りに来させるように仕向ける。 それには米政府に金を使...

1833年

 イギリスでは新特許法が出来て、イングランド銀行券が法貨となり、イングランド銀行は完全なイギリスの中央銀行(民間で奥の院の銀行)となる。 他の銀行は部分準備貨幣を発行していて破綻するが、イングランド銀行だけはいつも救済されていた。奥の院の銀行であるから当然のことであろうが、他の銀行同様民間銀行であることには変わりはないにも拘わらず、この奥の院の銀行だけは救済されたのである。ゲーテは「債権者や軍隊に...

昨年2019年

 4月、奥の院(FRB)は銀行に4兆ドルの信用供与を行った。これで米国経済は立ち直ったといわれる。しかし、これほどの巨額の信用供与をする奥の院の目的は他にありそうである。まだ見えてこないが、そのうち分かってくるはずである。 6月、香港デモが発生し、これは今に続いている。これほどの規模のデモが、これほど長期に続いていると言うことは、どれほどの資金がかかるか想像も付かない。この資金を誰かが出していると...

マルコポーロ事件

 この事件は、1995年(平成7年)2月、文藝春秋社が発行していた雑誌『マルコポーロ』に西岡昌紀という医者が寄稿した、ホロコーストを否定するような記事が掲載され、これに対してロサンゼルスのサイモン・ローゼンタール・センター(SWC)とイスラエル日本大使館とが抗議をしてきて、文藝春秋社はこの雑誌を廃刊にした事件である。SWCは世界中のマスコミを監視している機関である。つまり奥の院のマスメディア支配のた...

習近平国賓招聘

 この度、某所で開かれた「習近平国賓招聘反対集会」は相当な盛り上がりを見せ、安倍総理糺弾集会の様相を呈していたとのことである。 ある現職自民党国会議員が、先日、既に「国賓招聘」を決定しているのを取りやめにするのには、それなりの新たな理由がないと出来ない、と言っていた。 これはその通りだと思う。だとすれば、この「国賓招聘」が、いつどのような経緯があって決定されたのかを、明らかにしなければならない。最...

何とかイランに手を出させたい?

 奥の院は、潰したい相手をまずメディアを通じて悪者に仕立てる。今ではイランと北の坊やを悪者に仕立て、中東と極東でことを起こそうとしている。 その仕立て上げた悪者に、先に手を出させる。過去日本はこの手にまんまと嵌まって、真珠湾攻撃をしてしまった。そして悪者にされた。これが今では忘れられているところが怖い。奥の院がメディアを使って時間を掛けて巧妙に洗脳し、忘れさせるのである。  国連のグテレス事務総長...

イランのロハニ大統領は

 先日起きたウクライナ国際航空の旅客機を撃墜したことを正式に認め謝罪した。ウクライナのゼレンスキー大統領は、事故の責任を認めたイランのロハニ大統領から、公式に謝罪を受けたことを明らかにした。 やったのはイラン革命防衛隊である。先日も書いたが、イラン革命防衛隊は、奥の院がパーレビ国王を追い出して、宗教家のホメイニ師らを連れてきて建てた政権である。分かりやすく言えば、奥の院政権(革命政権)である。従っ...

ユダヤ人はその昔

中東パレスティナの地で隊商をを襲っては駱駝に背負わせている荷物を略奪していた。これがユダヤ民族の行っていた悪さの一つである。 パレスティナの地は、南アジア印度からの道、シルクロードを通る北アジアからの道、北アフリカで地中海南岸から道、欧州の南岸で地中海北岸から道と、4つのルートが交差する場所で、略奪するのにはもってこいの場所であった。彼らはこの略奪を生業(なりわい)としていたのである。コストを掛け...

奥の院とユダヤ人

 ここおよそ250年間、奥の院を仕切っている大王家(ロスチャイルド家)はユダヤ人である。大王家は既に六世から七世になっていて、この一族は200家族から300家族になっているといわれている。そして、大勢の非ユダヤ人がこの大王家に忠誠を誓って仕えており、これらが奥の院を形成している。 彼らは銀行や世界的大企業のトップにいる。そして、これら大企業はほとんどが非上場で実体は見えないようになっており、メディ...