Entries

ジェームズ・ロスチャイルド

 1836年アメリカで第2合衆国銀行が認可期限を迎え、アンドリュー・ジャクソン大統領によって更新が拒絶されたために消滅した。そしてこの年の7月ロンドン・ロスチャイルドの祖ネイサンが死去し、ロスチャイルド家の当主はパリ・ロスチャイルドの祖ジェームズ・ロスチャイルドになった。 翌1837年、アメリカでの銀行がなくなったので、オーガスト・ベルモントを急遽派遣したが、同時にこの年、ジョージ・ピーボディーがアメ...

再びシーボルト

 シーボルトは1823年オランダの商館医として日本にやって来たが、実際は奥の院に雇われた工作員であった。日本はその頃は文政5年仁孝天皇の御世で、将軍は第11代徳川家斉であった。 シーボルトは日本に5年滞在し1828年に一時帰国するが、その間、日本では幕府上層部まで自由に交際し活動できたようである。帰国する船がたまたま台風に遭って難破し、積み荷が海に流され、その中に持ち出し禁止の日本地図があって取り...

フィリップ・フォン・シーボルト

 1836年、アメリカで第2合衆国銀行が任期満了で消滅し、奥の院は急遽、オーガスト・ベルモント(カール・ロスチャイルドの庶子)をアメリカに派遣した。そして彼が結婚した相手キャロライン・ペリーの父マシュー・ペリー(義父)を日本に派遣して、日本の幕末騒動が始まったが、此のペリーがやって来た時、彼は詳細な日本地図を持っていた。これは以前フィリップ・シーボルトが日本から持ち出したものであった(令和元年12...

ジェームズ・ロスチャイルド

 ジェームズはマイアーの5人の息子たちの末子として、1792年5月フランクフルトで生まれた。 1811年に19歳でパリに移住する。生まれた時の名前はヤーコブであったが、パリに移住した時にジェームズに改名した。父マイアーは翌1812年に死去しているが、この時はまだ生きていたので、やはり父マイアーの指示でパリに移住させられたのであろう。 1804年5月に元老院決議でナポレオンが皇帝に即位(戴冠式は12月)...

マイアーの4男カール・マイアー

 ウィーン会議のあと、イタリアは小国に分裂していたが、1820年カルボナリがナポリ革命を起こし、これを鎮圧するためにオーストリア軍がナポリに侵入して来てナポリを占領した。 これを好機として大王マイアーの4男カール(33歳)はナポリに移住し、翌1821年イタリア・ロスチャイルド商会を設立した。ロスチャイルド5人兄弟が設立した最後のロスチャイルド商会であった。 1812年には父・マイアーは死去している...

1837年アメリカ大恐慌

 1835年1月、奥の院はアンドリュー・ジャクソン大統領の暗殺に失敗した。そして翌1836年に認可期限が来る第2合衆国銀行は、中央銀行としての役目を終え、1841年に破綻し、消滅した。 奥の院はそのことも見越していたのか、その前1834年から1836年にかけてアメリカを大インフレに導いていた。イギリス(奥の院ネイサン)から大量の資金が持ち込まれ、土地、綿、奴隷の価格が大暴騰していた。 此の当時、土...

アンドリュー・ジャクソン暗殺未遂事件

 1829年3月、アンドリュー・ジャクソンが第7代大統領に就任した。そして彼はサミュエル・インガムを財務長官に選んだ。この時、合衆国は1836年に20年の認可期限を迎える第二合衆国銀行の期限延長を、認めるかどうかという課題を抱えていた。 ジャクソンは延長を認めない考えのインガムを財務長官に選んだ。インガムは、一民間銀行が通貨発行を独占するということは、合衆国憲法に違反するという考えを持っていた。 ...

ナポレオン暗殺未遂事件

 1800年12月24日、クリスマスイブの日、ナポレオン暗殺未遂事件「地獄の仕掛け事件」が起きた。 ナポレオンの馬車がパリのチュルリー宮殿からオペラ座に向かう時間とルートが分かっているので、その道に荷馬車を止めて道を半分塞ぎ、その荷馬車に爆弾を積んでおいて、その爆弾に導火線を繋ぎ、ナポレオンの馬車が通る瞬間に爆破させるよう装置した。馬の手綱は少女を雇って持たせておいた。 先導の護衛の騎兵隊が、道を...

ウィーン体制発足後

 1815年、ウィーン議定書が合意され、ウィーン体制が発足した。 2年後の1817年1月には、ようやくアメリカで奥の院の第2合衆国銀行が発足し、彼らは大西洋を挟んで、欧州とアメリカを支配する体制を構築していく。 この年3月、パリ・ロスチャイルド家の祖ジェームズ・ロスチャイルドが、パリ・ロスチャイルド商会を設立した。 そして、1821年5月、セントヘレナに流されていたナポレオンが毒殺される。料理人が...

兄弟それぞれのロスチャイルド商会

 ネイサンの父マイアーが死去する前年の1811年、アメリカで第一合衆国銀行が中央銀行としての資格をなくし、奥の院としてはアメリカの通貨発行権を失った。 そこでネイサンは英米戦争を引き起こし、アメリカ経済を苦境に陥れた。そして6年後の1817年、ようやく第二合衆国銀行を作らせた。(令和元年12月7日通信参照)。 しかしまた20年という期限が付された。合衆国憲法で定められた「通貨発行権は議会が持つ」と...