Entries

誰が造った?

 新型コロナウィルスが人工的に造られたものであるとしたら誰が?ということになる。 そこで当然疑われるものの一つが、コールド・スップリング・ハーバー研究所である。この研究所はアメリカのニューヨーク州ロングアイランドにある。生物学、医学などの分野で世界に冠たる研究所であり、ノーベル賞受賞者を多く排出している。 1890年に設立されたブルックリン財団生物学研究所と1904年に設立されたカーネギー協会のカ...

新型コロナウィルスは自然発生?

 日本でのコロナ感染者第一号は武漢出身者だった。メディアはこれを報じていない。 横浜港に着岸していたダイヤモンド・プリンセス号、3700人の乗客で、723人が新型コロナウィルス陽性で10名死去したという。2月6日横浜港に着岸し、3月1日下船が完了した。そして3月25日横浜港を出港している。 船客の中には武漢出身者が相当数いたと言われているが、その詳細は公表されていない。 東京都が出しているある時点での感...

安倍総理

 「安倍総理はどこまで奥の院と関わっているのか」との質問を受けた。 結論としていえば、彼は奥の院と戦っている、しかしいつも負けているというのが事実であろう。奥の院の手先にがんじがらめになっていると言ったら良いくらいである。「関わる」がどういう意味かよく分からないが、想像しながら思うこと記してみる。 先ず、彼は奥の院メンバーではない。奥の院のメンバーは大王家(ロスチャイルド家)の親族、姻族と、大王家...

孝明天皇の攘夷祈願(悲痛な願い)

 1853年6月9日、幕府はペリーから米国大統領の親書・信任状を受領した。 孝明天皇は歴史始まって以来の国難と理解され、国体護持の祈り(奥の院との戦い)を開始された。この年8月15日、詔「石清水八幡放生会に外患調伏を祈り給ふの宣命」を渙発された。 続いて9月11日、詔「神嘗祭に外患調伏を祈り給ふの宣命」を渙発された。1854年11月20日、詔「賀茂臨時祭に外患調伏を祈り給ふの宣命」1855年2月2...

南アフリカ共和国

 1980年(昭和55年)5月8日、世界保健機関(WHO)が天然痘撲滅宣言をした。この世に、天然痘ウィルスは存在しなくなった。どこの国でも種痘をしなくなった。しかし、天然痘ウィルスはアメリカとロシアの研究室にだけはあった。 ところで、南アフリカ共和国(南ア)は、1994年4月、ネルウソン・マンデラが大統領に就任して、ようやくアパルトヘイト(人種差別政策)も終了し、国は熱狂した。 黒人が白人から国を取り戻した。...

ガーナ共和国

 昨日の通信で、エイズの特効薬を開発したガーナ共和国の薬医者ドゥロボが暗殺されたことは書いた。 ガーナ共和国は1957年(昭和32年)英連邦から独立した。それまではイギリス(奥の院)の植民地であった。そして1960年に共和制に移行したが、政治は安定せず1979年ジェリー・ロ-リングス空軍大尉がクーデターを起こして軍事政権を打ち立てた。 その後1983年、IMFから借金をし、そのためにIMFの要求である構造調整を受け...

ナナン・コフィ・ドゥロボ

 アフリカ黄金海岸にある国家・ガーナの薬草医ナナン・コフィ・ドゥロボのところに世界中から、特にヨーロッパからエイズに苦しむ人たちが集まった。彼らを引きつけた理由は治療の成功率が80%と驚くほど高かったからである。しかも使うのは薬草から抽出した物質だけである。化学物質は一切ない。 ドゥロボは西洋諸国の製薬会社(奥の院企業)が知らない(知らない振りをしている)ことを知っていた。彼は薬草でエイズを抑制す...

ロバート・ギャロ博士

 ギャロ博士(1937年~)は「人工的にウィルスの遺伝子を変えることで、自然界には存在しない、新しい致命的なウィルスを造ってしまった」と認めた。更に続けて、「もし、我々が危険な新しいウィルスを造り出したら、どういうことになるか心配していないのですか」との質問に対して、「もうやってみました」と答えている。 1985年4月28日から、バンベリー研究センターで開かれたバンベリー会議でのことであった。バンベリー...

WHOの警告?

 昨日(4月11日)、WHO(世界保健機関)が今回の新型コロナウィルス感染拡大で食料危機が懸念されると警告を発した(ロイター発)。物流が寸断され、輸出規制が行われることが懸念されるというわけである。  新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて食料貿易に影響が出始めた。感染症対策のための移動規制で物流が寸断される一方、国内市場を優先する生産国(産出国)が輸出規制に乗り出したことで穀物価格も上昇して...

奥の院の最終目的

 最終目的はゴイムを完全に支配し、自分たちの世界を創ることである。ユダヤ人はこれを千年王国という。その世界はどんな世界かと言えば、ジョージ・オーウェルが「動物農場」「1984年」で描いた世界である。 人口を減らし、支配者(奥の院)と被支配者(一般人)を完全に区別する。被支配者は動物と同じで、支配者が必要とする物資を生産する奴隷である。彼らは完全に管理され、名前も必要ない。日本人は既に「マイナンバー」と...