Entries

バビロンは滅んだ

 バビロニアの北方にあったペルシャ王国のキュロス大王は、バビロニアを攻撃し、その富を獲得したいという野心を持っていた。しかしキュロスは、自分の軍隊がそれを可能にするに十分な軍事力を持っていないことを承知していた。そこへユダヤ人の密使がキュロス大王のもとを密かに訪れ、「バビロニアを攻めなさい,我々がキュロス王のために城門を開きますから」と申し出た。 キュロス王は「これは罠だ」と疑い、最初の使者を処刑...

図書館破壊

 古代世界の多くの歴史家たちがユダヤ人に注目し、それについて意見を書いているが、ほとんどの図書館は破壊され、そうした歴史書はほとんどが焼却されて残っていない。彼らは常に焚書を行っているのである。 ユダヤ人の図書館破壊から免れた書の中で、ユダヤ人について書いているいくつかの書の中に、フィロンとストラボンのものがある。  著名な歴史家フィロンは前20年から後54年頃の人でアレクサンドリアのユダヤ共同体の首...

バビロニアとユダヤ文明

 ユダヤ人は、「ユダヤ民族こそ古代世界における最も重要な文明であった」と自信を持って主張するのであるが、実際はパレスチナのユダヤ民族は、古代の数少ない記録の中では、それほど注目される存在ではなかった。パレスチナにユダヤ文明の存在を証するような遺跡など存在しない。ギリシャ建築は、パレステチナの手前で終わっている。  ユダヤ人の歴史家のカシュタインは『ユダヤ人の歴史』の中で、次のように書いている。...

昨日に続いて

 昨日書いた通り、裏切りで奴隷身分に落とされていたユダヤ人は、身から出た錆であるのに、その過酷な運命に不平をかこっていた。国を裏切ってヒックス族になびく前には、ユダヤ人はエジプトであらゆる自由を享受したのであるから、裏切り行為の故に懲らしめられるのは全く当然だった。新しく支配者となったヒックス族の手先として、エジプトの民を虐めていたからである。  そこで、彼らは奴隷身分に耐えかねて、何とかパレ...

化石民族

 ユダヤ民族はこう定義される。 もう3500年前の話になるが、ユダヤ人が征服者ヒックス族のために道を開いて、エジプト王朝を滅ぼした。ファラオ(王)からは優遇されていたにも拘わらず、である。 エジプトの征服者ヒックス族は,ユダヤ人の導きで、戦闘を一度も交えずにエジプトを討ち滅ぼし、一世紀以上([前1700年頃~前1580年頃)に亘って、エジプトの民衆の上に専制を敷いた。エジプト人は彼等の下で苦役で虐げら...

マネト

 はカイロ近郊の古代エジプトの都市ヘリオポリスで神官をしていた。 神官であると同時に歴史家でもあった彼は、エジプト王朝の滅亡について「東方からやって来た素性の卑しい民が、図々しくもエジプトを侵略し、主力部隊によって易々と、一度の大規模な戦闘すらなくこの国を制圧した」と書き残していることについては、昨日書いた。 信じ難いことであるが、まるで同じ事態が古代世界で幾たびも起きたのである。では、どのように...

破壊は続く

 エジプト第六王朝(紀元前2345年頃~紀元前2185年頃)について、イプウェルが記したパピルス文書『イプウェル・パピルス』に 「町は破壊された。何年も騒ぎが続き、終わらない。湖の魚は死に、虫、昆虫、爬虫類がどっと子孫を増やした」とある。 何とわけの分からない出来事であろうか!戦乱があったとは一言も書かれていない。王国は、外部からの攻撃を受けたのではなかった。しかし、王朝は滅んだ。 「・・・富める...

昨日に続いて

 アマルナ文書が発掘され解読が進み、エジプト文献のかなり多くが、この時期(紀元前14世紀)の社会苦難を取り扱っているが、まさにそれは、当時知られた最も偉大な文明、エジプト文明を、ユダヤ人たちが蝕んでいた時期であった。今まで5千年の歴史を誇って偉大な民族だと自称しているユダヤ民族が、このエジプト文明を蝕んでいたのである。 辺境地の知事がファラオ(王)に、「ご覧あれ、彼アブディ・アシィルタ(ヘブライ人盗...

アマルナ文書

 1887年(明治20年),エジプトのナイル川中流のテル=エル=アマルナで楔形文字の刻まれた粘土板が多数発掘された。そして、これらが解読された結果、古代オリエント史上極めて重要な資料であることが分かった。「アマルナ文書」と名付けられた。 現在382点あるが、そのうちの350点が書簡である。時代は紀元前14世紀頃のもので、新エジプト王朝アメンホテップ3世、4世の時代である。そして、これらの文書は当時のオリエント世界...

ユダヤの破壊を免れた唯一の帝国

 ユダヤ人が破壊し得なかった文明はたった一つしかない。逆に言えば,ユダヤが入り込んで、そこの文明を破壊し得なかった国家が1つだけあった、と言うことである。それはローマ帝国が分裂して出来た東ローマ帝国(ビザンチン帝国)である。 ユダヤ人は、この文明を無視し続けてきた。博士号を取得したような高学歴の識者でも、アメリカ人はビザンチン帝国がどのようなものであったか、説明できる者は殆どいないという。 その文...