Entries

ユダヤ人医師

 およそ1200年前の833年、イスラム教徒はユダヤ人が医者という職業を選択することを禁じた。イスラム社会では、ユダヤ人の儀式殺人、生血祭儀のことがよく分かっていたからである。 ところがヨーロッパの国ではこれでしばしば暴動が起き、関係したユダヤ人を処罰するが、それでも彼らはこの祭儀を決して止めないので、その国から全ユダヤ人が追放される。しかし、必ずまたそのユダヤ人たちは戻ってくる。そしてまた生血祭儀を...

リンドバーグ愛児誘拐事件

 1932年3月1日、この事件は起きた。 1歳8ヶ月の長男ジュニアが誘拐され、現場には5万ドルの身代金を要求する手紙が残されていた。そしてこの愛児は儀式殺人の犠牲者にされた。 この事件は日本とは関係ない、海の向こうの話と思われるが、決してそうではない。極めて政治的色彩の濃い事件であった。その意味では通常彼らが引き起こしている儀式殺人とは違っていた。 この年アメリカではルーズベルトが大統領に就任した。リンド...

英雄リンドバーグ

 アメリカにおけるユダヤ儀式殺人で最も有名な犠牲者は、チャールズ・リンドバーグの息子であろう。リンドバーグは1927年(25歳)、プロペラ機でニューヨーク・パリ間を単独飛行し、大西洋横断単独無着陸飛行にはじめて成功した。有名な「翼よ!あれが巴里の灯だ」の言葉を残した。忽ちアメリカの英雄として礼賛され、全米の超有名人となった。 彼の父は下院議員で、クーン・ロエブ商会のポール・ウォーバーグら(奥の院)が、連邦...

畜獣の埋葬

 過去2千年間の反ユダヤ暴動のほとんどは、ユダヤ人の生き血祭儀が露見したため、そしてその結果として起きている。非ユダヤ人の子供に対するユダヤ人の殺人を懲らしめようと、非ユダヤ人が企てたために起こっているのである。 ユダヤ人が非ユダヤ人の子供を誘拐し、生き血を採って殺害するという犯罪がしばしば露見する理由は、彼らが死んだ子供の遺体を、ゴミの山に廃棄したり、分かりにくいところに遺棄したりするからである...

生血祭儀

 およそ信じ難いことではあるが、生血祭儀の権威として高名なカトリック学者ジェームズ・E・バルジャーは書いている。 「ユダヤ人が生血を飲む儀式を信奉する理由は、ユダヤ人が寄生民族であって、生存を続けようとするなら、非ユダヤ人宿主の生き血のお相伴(しようばん)に与らざるを得ないからだ」と。 バルジャーはまた、「生血を飲むのは黒魔術の儀式であり、この儀式を行うことによって、ユダヤ人のラビ(僧であり指導者)...

聖シモーネ

 1472年の聖週(復活祭前の1週間)の火曜日、イタリア北部の町トレントのユダヤ人たちは、過越祭(ユダヤ教の祭日の一つ)の準備のために、シナゴーグ(ユダヤ教会)に集まった。 彼らは、キリスト教徒に対する宿怨を晴らすために、次の金曜日、つまり聖金曜日にキリスト教徒の子供を生け贄にすることを決定した。そして、一人の医者がその目的のために、それに相応しい子供を調達してくる役目を引き受けた。 キリスト教徒...

ヒュー・オブ・リンカーン少年

 暗殺されたアメリカのリンカーン大統領の話ではない。 このヒュー少年は1255年、イギリスのリンカーンという町で、ユダヤ人によって誘拐され、血液を抜かれた上で虐殺された。ユダヤによる「儀式殺人」の犠牲となったのであった。 そして、この事件が後の1290年に、全ユダヤ人がイギリスから追放された原因の一つになったことは間違いないであろう。 ヒュー少年の遺体は、コピンズという名のユダヤ人の所有地内にある井戸の中...

霊魂の宿る場所

 ユダヤ〝公認〟の歴史家カシュタインは『ユダヤ人の歴史』で「・・・原始ユダヤ人の見方によれば、血液は霊魂の宿る場所であった」と書いている。 また、著名な歴史学者であるアーノルド・トインビーは、ユダヤ人を「化石民族」と呼んでいる。ユダヤ人を化石民族と呼んだのである。トインビーはきっと、ユダヤ人が今日もなお儀式殺人を実行し、人血を飲むことを続けている事実を知っていたのであろう。 ユダヤ人が儀式殺人を行...

聖書は嘘?

  ユダヤは今日でも、何百万ドルもの金を使ってキリスト教の指導者に賄賂を贈り、聖書は嘘だと言わせ、そのキリスト教の指導者たちは、裏切りの使徒ユダと同じように、金で身を売っている。キリスト教会の多くが、今日では「現代のユダ」たちの手に落ちてしまったのは、悲しい現実なのである。ユダヤがキリスト教を乗っ取ったと言われる所以である。 しかし、それでも聖書の言葉は真実である。 十字架に架けられたのち、イ...

イエスの裁判は続く

 ユダヤ人たちはイエスに唾を吐きかけ嘲る。ユダヤ人たちは今やイエスを殺すことができると言うことで有頂天になっていた。ユダヤ人がイエスを憎んだ異常さがよく分かる。 イエスはローマ総督ポンティウス・ピラトの前で裁判にかけられた。ユダヤ法院での審理は、何の法的有効性もなかったが、これが実質的な正式裁判だった。それだけ、この時期、既にローマ帝国内においてユダヤ人の勢力が強かったのである。 ピラトは、民を惑...