Entries

ヨーロッパにおけるユダヤ人追放の歴史

 ユダヤ人の言う迫害の歴史は例えば以下の通りである。  1066年、ユダヤ人は少年を殺してその血を飲み、心臓を食べたという嫌疑がかけられて、大騒動になり、その結果、スペインのグラナダを追われた。 1254年、フランス国民はユダヤ人を追放した。 1290年には、ユダヤ人はイギリス人から追放された。しかし、300年後の1600年に彼らは戻ってきた。そして、貴族のクロムウェルを買収して支配権を取り、イギリス人...

ユダヤ人とヨーロッパ貴族

 ヨーロッパの貴族である支配者が、徴税にユダヤ人を利用したことは先に書いた。このことは裏を返せば、貴族はユダヤ人から金を借りるから、ユダヤ人はその徴税権を担保に取ったのである。取りっぱぐれのないように、徴税窓口を彼らは支配したのである。 ユダヤ人金貸しは、貴族に金を貸す。出来るだけ沢山借りて貰うために、貴族に資金需要を発生させなければならない。そこで彼らは貴族に贅沢をさせる。そのためには何でもする...

ゲットー

 ローマ帝国時代、ローマ軍は軍事上の必要からローマに通じる道を切り開いた。そして、これがそのままユダヤ人の交易路となった。ユダヤ人はこの交易路に沿って群れをなして、ローマ帝国内に広がり、行った先で小さな居住区を造り、そこに彼らは閉じこもった。これがゲットーである。 こうして、ローマ帝国が最大版図を形成した時代に、彼らの住むゲットーが帝国内の至る所にできた。よくユダヤ人は「非ユダヤ人の偏見の所為で『...

CIA長官補佐の自殺

 あるCIA長官補佐がワシントンで自殺を図った。死因は「過労」と診断されたが、それによって恐ろしい悲劇が隠蔽された。この長官補佐は鬱に陥って3ヶ月間休職していた。 彼は、ユダヤの宗教儀式で殺された大勢の非ユダヤ人の子供たちに対して、偶然とはいえ、責任があったことに気づき、良心の呵責に苛まれるようになったのである。非ユダヤ人であるこの官僚の長官輔佐は、ユダヤ人が60%を占めるというCIAで、「特殊能...

ステインフェルド博士

 昨日の通信に続いて。 愛児を儀式殺人で殺された父親のシュッスラーが、事情を警察に問いただし始めると、逆に彼が自分の愛児を殺害したと告発され、厳しい尋問を受け、嘘発見器にもかけられたが、当然のことながら、殺害の証拠も出てこない。 そこで、シュッスラーは解放されると思いきや、今度はステインフェルド博士の経営するサナトリウムに送られた。精神病患者に仕立て上げられたのである。そこで、シュッスラーは電気シ...

アーノルド・シュッスラー

 殺害された少年の父親アーノルド・シュッスラーのもとに、アーノルド・リースという獣医師が書いた『ユダヤ儀式殺人』という本が1冊送られてきた。 これを読んだシュッスラーは、警察に疑問点を問いただし始めた。血を抜かれて殺された自分の子供の状態が、書かれているのと全く同じだから疑問に思ったのである。 シカゴ警察はローマンというユダヤ人のシカゴ保安官が対応することになった。彼はホルヴィッツという同じくユダヤ...

シカゴの猟奇

 アメリカのシカゴは、ユダヤ人が儀式で使う子供の血液の世界的供給センターになったといわれている。シカゴはユダヤ金融の中心地であり、ユダヤ人によって完璧にコントロールされている大都市である。非ユダヤ人の子供に対する儀式殺人の最も酷い事件が幾つもこのシカゴで起きている。  最近、シカゴ警察長官は、シカゴでは子供の失踪事件が毎月三百件もあると認めた。しかし、長官はその子供たちはみな、「家出」したのだ...

エドガー・フーバー

 エドガー・フーバーは1924年5月にFBI長官に任命されてから、死去する1972年まで半世紀50年間その職にあった。彼は、ユダヤの一番秘匿しなければならない儀式殺人のことを、世に出さないように努め、この件に関する告発など一切を握り潰して来たからこそ、半世紀の長きに亘って、その職に留まり続けることが出来たのである。 FBI長官である彼は、見知らぬ人と話しをしたり、知らない車に乗らないようにと、アメ...

血液供給

 警察の集計によれば、アメリカでは平均すると年間4000人の子供が行方不明になると見られている。その大部分が、ユダヤ人による儀式殺人の犠牲者であることは、全く疑問の余地はない。 この国では、ユダヤ人の習慣がこれほどまでに蔓延って、ユダヤ人は子供の血液をアメリカで大量に採取して、これをイスラエルに運び、儀式での使用に供することができる。幸いに、今では冷凍技術と解凍技術が発達し、血液を冷凍して大量に空...

トマーシュ・マサリク

 1899年、アグネス・フルザという非ユダヤ人(チェコ人)の子供の遺体が、ボヘミア(現在のチェコの中西部)で発見された。マサリクはこの時はまだ49歳の一介の弁護士に過ぎなかった。 犯人捜査の最中に、ヒルスナーというユダヤ人が、殺人を行ったと白状し、他の二人のユダヤ人を共犯者として挙げた。ここで審理は終わったはずであるにも拘わらず、新たな審理が命ぜられた。 一方、殺害された少女の母親の弁護人であるバハ博士...