Entries

ノーベル賞

 1896年12月10日、ダイナマイトの発明で巨万の富を築いたスウェーデンの実業家、アルフレッド・ノーベルが死去した。

 1900年6月29日、ノーベルの死後3年半経って、スウェーデンでノーベル財団設立令が公布される。そして翌1901年、ノーベルの遺産を基に、ノーベル賞が創設された。

 ところがノーベル財団の理事には代々スウェーデンの大財閥ヴァレンベリ家の人が就いている。つまり、ノーベル財団はヴァレンベリ家が支配しているのである。そして、このヴァレンベリ家はスウェーデンのGDPの3分の1を支配している奥の院企業である。
 初代ヴァレンベリはヤコブ・ウォーバーグ(1746-1778)というユダヤ人であったが、彼はヴァレンベリに改名した。

 SAAB(サーブ、本部はストックホルム)というスウェーデン企業は世界60カ国以上で事業展開している航空機・軍需品メーカーであるが、ヴァレンベリ家の投資会社である「インベストール」が株式の約3割(議決権ベースで約4割)を保有し、人事を通じてこの会社を支配している。1967年にはミサイル製造にも進出している。

 一族で外交官をしていたラオル・ヴァレンベリは、先の大戦中に数千人のユダヤ人をホロコーストから救ったと賞賛されている。ホロコーストを、先の大戦でドイツが600万人虐殺したという事件だと言うのであれば、そのホロコーストそのものは作り話であるから、このラオル・ヴァレンベリの話も根拠のないものである。これについては後にまた書く機会があると思う。
 なお、このラオル・ヴァレンベリの姪が、以前、第7代国連事務総長を勤めたガーナ共和国出身コフィー・アナンの妻である。

 従って、ノーベル賞は、ヴァレンベリ家が支配しているノーベル財団が決定しているのであるから、極めて政治的なものであるということを知っておく必要がありそうだ。
 つまりノーベル賞とは奥の院貢献賞(ロスチャイルド貢献賞)なのである。奥の院にどれだけ貢献したかによって授与されるものであるといえる。特に、文学賞、平和賞についてはそう言える。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する