Entries

長男アムシェル(大王家2代)

 フランクフルトに残って本家の家督を継いだマイアーの長男アムシェルには子供がなかった。

 1855年12月に死去したが、彼の財産は4分割され4人の弟たちとその子たちが相続した。フランクフルトの本家は長男が継いだが、子がなかったので断絶した。

 ウィーンにいた次弟ザーロモンは、アムシェルが死去する直前の1855年7月に亡くなっていたので、その子の長男アンゼルム・ザーロモンが継いだ。アンゼルムの母はネイサンの長女シャーロットである。つまり、ウィーンに行ったマイアーの次男ザーロモンは次弟(3男)ネイサンの娘(姪)と結婚している。その子がアンゼルムである。

 ロンドンにいた3男のネイサンも1836年7月に死去していたので、その4人の子たちが相続した。ライオネル、アンソニー、ナサニエル、メイアー・アムシェルの4人である。これら4人の母(ネイサンの妻)はレヴィ・コーエンの娘ハナ・コーエンであるが、彼女の伯父ザロモン・コーエンがカール・マルクスの曾祖父である。従ってマルクスはロスチャイルド一族の一人である。

 ナポリにいた4男のカールも、1855年3月に死去していたのでその子の3人が相続した。長男マイアー・カール、次男アドルフ・カール、3男ヴィルヘルム・カールの3人である。この3人の母のルーイーズは彼の兄ネイサンの娘(3女)である。彼は1821年オーストリア軍がナポリを占領した時にナポリに行かされている。と言うことはこの時のオーストリア軍とロスチャイルド家は共同歩調をとっていることになる。

 そしてパリにいた末弟のジェームズが、アムシェルのただ一人、弟としての相続人となった。後はアムシェルより早く死去しているために、甥たちが相続したのである。

 近親結婚が多く、また名前が同じものが多く、複雑で訳が分からなくなる。彼らにしてみればそれも目的の1つであろう。分かって欲しくないのである。自分たち一族にだけ分かれば良いのである。

 複雑にするというのは、また名前を変える、複数の名前を持つ、複数の国に住みそこでの名前を持つ、今であれば、複数の国の旅券(パスポート)を持って、世界中を秘密裏に移住したり公職に就いたりして、更に分かり難くくしている。しかもメディアには名前も写真も一切出さない、記事にはしない。出る時は慈善家、財政家、銀行家、ワイン製造業者として出る。インタビューなどには一切応じない。

 天皇は先の大戦以後は、「開かれた皇室」と言ってメディアの餌食にされ、写真も世界中を巡っている始末である。宮内庁が奥の院と結託しているのではないかと疑う。イギリス王室も「開かれた王室」と言ってマスメディアに取り上げられることが多い。
 しかしロスチャイルド家は一切開かない、「開かれざるロスチャイルド家」である。しかも住んでいる国の干渉は受けない。

 世界中の大きな出来事なり課題はこの人たち(奥の院)が差配しているのであるから、「アメリカが」とか、「ロシアが」とか、あるいは「中共が」とか言っても、当を得た話にはならないことを知るべきである。彼ら(奥の院)が何を考え、これからどう行動するかだけなのである。

 今世界を、日本を揺るがしているコロナは、奥の院とどう繋がっているのであろうか?世界中のメディアが騒いでいるので元は奥の院ではないのか。フロイトとその甥のバーネイズが関与した「タビストック人間関係研究所」が気になるところである。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する