Entries

バーナード・バルーク

 1870年(明治3年)8月,バーナード・バルークは南北戦争の南軍軍医総監だったサイモン・バルーク家に生まれる。
 バルーク家はロスチャイルド家の祖マイアー・アムシェルに嫁いだグトレの実家である。グトレはサイモン・バルーク・シュナッパーの娘である(奥の院通信令和2年2月27日)。彼女は奥の院の中心ロスチャイルド家5人兄弟の母である。

 1913年、ロスチャイルドを中心とした奥の院が、ウィルソン大統領にFRBを創らせて打ち出の小槌を手にし、そこで信用(通貨)を創造し、それをバルークに渡して奥の院の世界支配を進める戦争を始めた。それは現在も続いている。
 バルークは第1次世界大戦でウィルソン米大統領の側近で、戦時産業局長官となって軍事産業界を支配した。第1次世界大戦では実質的に指揮を執った。ウィルソンは表の大統領、裏の大統領はバルークだったのである。

 第1次世界大戦中の1916年,彼はブルッキング氏とブルッキング研究所を設立した。この研究所はシンクタンクとして、アメリカの特に民主党の政策に影響を与えてきた。ニクソン大統領には政敵であった。だからニクソンは潰された。
 2002年にブッシュ政権でFRB議長に指名されたベン・バーナンキもこの研究所のメンバーであった。

 第1次世界大戦後、国際連盟をウィルソン大統領に作らせた。第2次世界大戦後はトルーマン大統領に国際連合を作らせた。
 先の大戦では,彼はフランクリン・ルーズベルトの助言者と言われるが、実際は逆で、彼がフランクリン・ルーズベルトを使っていたのである。大統領権限執行の代行者となっている。

 第1次世界大戦と第2次世界大戦はいずれも彼が引き起こし、彼がその実質的指揮を執った。
 マンハッタン計画(原子爆弾開発製造)も彼が主導し、日本にこれを投下することも彼が指示したのであった。

 日本の戦争相手は実質的にはこのバーナード・バルークであった。バルークのシュナッパー家とロスチャイルド家が日本を潰した者たちである。しかし、この事実は隠され、日本人のほとんどは知らない。表に出てくる名前はウィルソン大統領であり、ルーズベルト大統領である。
 メディアに彼らの名前が出ることはまずない。だから奥の院なのである。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する