Entries

新型コロナも?

 1969年7月1日、マッカーサー博士(国防総省細菌戦専門家)がアメリカ下院予算委員会で
 「恐らく5年から10年以内に、新しい感染性の微生物が造られるでしょう。その微生物は、現在知られている病原性微生物の性質とは重大な違いがあります。その相違点の中で最も重要なものは、我々が通常、感染症から身を守り、相対的に健康な状態を保つための手段としている、免疫力や治癒力では、その微生物に歯が立たないという点にあります。このような計画にかかる費用は1千万ドル前後です。我々はこれを5年で完成させるつもりです」(アメリカで最初のエイズ症例が報告される10年以上前)と説明した。

 そして翌年1970年10月2日、世界銀行総裁ロバート・マクナマラが、世界の銀行家を前に、今彼ら(銀行家・奥の院)が直面している危機について次のような演説した。

 「先ず、最も危険な問題から始めましょう。人口増加。これがこれからの数十年間、世界が直面する最も重大な問題です。現在の傾向から推測すると、世界の人口が安定するのは2020年頃で、その時の人口は約百億人、つまり今(1970年当時)の人口の2倍になる」

 「発展途上国の人口が、その頃には世界人口の約九割を占める。貧困、ストレス、飢餓、人口過密、そして欲求不満のレベルが高まり、社会的安定や政治的安定を求めることは到底不可能になるでしょう。更に言うなら、軍事的安定などとても望めません」

 「そんな恐ろしい世界状況が訪れることを阻止することは出来ないのでしょうか。確実とは言えませんが、人口が百億人にまで膨張するのを防ぐためには、二つの方法が考えられます。現在の出生率を減少させるか、死亡率を高めるかです。他にとるべき道はありません」

 「死亡率を高める方法はいくらでもあります。熱核爆弾の時代となった今(この時、日本に対して実験済み)、瞬時に達成することが出来ます。また、飢饉や疫病は古来からの自然な人口削減法でした。そして今もその方法は生き続けています」

 ところで、ロバート・マクナマラは1916年6月サンフランシスコで誕生し、1943年27歳でアメリカ陸軍航空隊に入隊し、先の大戦に将校として対日戦に従軍した。そして大戦終結後1946年除隊し、フォード・モーターズに入り、1960年11月フォードモーターズの社長に就任した。ところがその直後の1961年3月、ケネディー政権に請われて国防長官に就任し、ケネディーが暗殺された後のジョンソン政権でも国防長官を務めた。

 その後、ベトナム戦争でジョンソン大統領と対立し、1968年11月、世界銀行総裁に転出した。そして1970年10月に先の演説を行っている。
 奥の院は常にゴイム(非ユダヤ人)の大量虐殺を考えている。日本は既にその被害に遭っているが、今後も遭う可能性が大いにある。また彼らは、人間の新たな誕生を阻止する手段をも考えている。マクナマラの演説をを聴けばこれがよく分かる。

 マクナマラはサンフランシスコ生まれで、容貌から見る限り、白人ではなくヒスパニック系のようである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する