Entries

コメント「これを」

 「書いている方はユダヤ人に対してものすごい憎悪感を持っていますね。なぜだろう?日本人かな、日本人ならユダヤ人に弾圧虐待されてないはずだが?私が無知なだけですね、失礼しました」と頂いた。どなたかがある日の通信を転送され、それに対して頂いたコメントのようである。間接的なので、その方への返信をするのではない。しかし、この通信を読んで頂いた方々に、お役に立てればと思い、コメントします。

 「日本人ならユダヤ人に弾圧虐待されてないはずだが?」
 先の大戦は彼等との戦争だった。彼等が無理矢理、支那(蒋介石、毛沢東)を使って、日本を戦争に引きずり込んだ。彼等は日本人大虐殺をした。その上で、日本が悪かったから懲らしめたと世界中の人たちを洗脳している。日本人も洗脳されている。原爆は日本が悪いから落としたと洗脳した。広島の原爆碑にそう書かれている。

 憎悪感は持っていない。よく言う、中国は嫌いだ、アメリカは嫌いだと。それに対して、中国人もいい人が多いですよ、アメリカ人も立派な人が多いですよ、とたしなめられる。その人たちは自分が善良で博識の人間であるという自覚を持っている。但し、洗脳がきつい。

 個人と彼等の作っている国家とは区別すべきです。共産党に指導されている中共という国家は嫌いだ。ユダヤ民族に支配されているアメリカという国家も嫌いだ。いずれも日本の富を収奪している。しかも日本に不法を働くからだ。中共、アメリカいずれも彼等奥の院の造った国である。しかも、彼等と付き合っていかなければならない。

 奥の院を構成するユダヤ民族だけは困った民族だと思っている。この思いが憎悪感だと言われれば、その通りかも知れない。しかし、ユダヤ人個人を憎悪しているのではない。いつかの通信でも書いたが、第三次世界大戦は勇気あるユダヤ人の告発で延び延びになっている。但し、その勇気あるユダヤ人は消されている。

 更に、何故困った民族かと言えば、彼等以外の人間を人間ではない「ゴイム」と思っており、人間を常に敵視しているから。あらゆる国家内に自分たちの自治国家を作り、その国を最終的に内部から喰い潰す。あらゆる国家内に自分たちの国家を作り、常に国家に反逆し、国家に税金は一切払わない。それらの国内国家はユダヤ国家の支部のような存在である。本部は今はロンドンにあるようだ。しかし、彼等は姿を顕さない。不可視国家だ。彼等の法律は「タルムード」で、これを非ユダヤ人のために翻訳したら必ず殺される。

 また、何故困った民族かと言えば、彼等は悪いことをするからだ。どんな悪いことをするかという説明を少しずつしているつもりである。何しろ、数千年にわたって、世界中で悪さをしているのであるから、説明も簡単ではない。

 例えば、日本では、日本への原爆投下だ。東京裁判で東郷茂徳外務大臣と南美治郎陸軍大将の弁護を勤めたブレークニー弁護士は言った。「原爆を造った人がいる、これの投下を命じた人がいる、投下の時のアメリカ大統領の名前も言える」と。造った人たちはユダヤ人で、ノーベル賞を受賞している。日本人大虐殺に対する反省などさらさらない。
 彼等の具体的な名前はこの際ともかく、全てユダヤ国家のしたこと、アメリカではない。ただユダヤ国家がしてるが、万一責任問題が発生した時のために、アメリカ国家を表にたてて、自分たちは裏で隠れている。大虐殺という、望んだ結果だけ得られればそれで良いのである。

 戦争というものはほとんど彼等が起こす。初代マイアー・アムシェルは言っている。「私はいつでも、どこででも戦争を起こせる」と。またその夫人のグトレ(ネイサンたちの母)も言っている。「私の息子たちがお金を出しさえしなければ、戦争にはなりませんよ」と。

 コメントを頂いた方は、「私が無知なだけですね、失礼しました」と皮肉(?)を書いておられる。しかし、馬鹿にはしたものの、心の片隅に「何を言いたいのだろう」と若干疑問を持たれたのかも知れない。そうであれば大変嬉しい。

 ユダヤ人は自分たちだけが人間で、あとはゴイム(豚・獣)と思っているから、折り合うとか和解するとかは絶対にない。それが彼等の数千年の歴史である。これが彼等個人の思想に過ぎないとしたら、それで一向構わない。しかし、彼等は国家を形成し、他のあらゆる国家から彼等の都合だけで略奪し、虐殺する,しかも誰か他の人たちのしたこととする。

 相手は人間ではないから、彼等にとっては何の問題もないわけである。この事実はなかなか理解できない。彼等は巧妙に隠れているから。
 これは多少とも聞く耳を持って、この通信を継続して読んで頂ければ分かって頂けるものと思っている。その為に書いている。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する