Entries

改めて新型コロナウィルス

 人間社会に偶然はない!偶然は後で必然であったことが分かるという。

 日本のノーベル受賞生物細菌学者本庶佑博士その他多くの専門学者が証明している通り、「新型コロナウイルスは遺伝子組換え人工細菌」であった。世界中の人の命を奪い、経済を疲弊させている「新型コロナウイルスは細菌兵器である」ことは明らかである。だからこそ、この議論は一切しない。

 それでは殺人細菌兵器を造り、世界中に蔓延させた「犯人」は誰なのか?
 アメリカは武漢から発症したことから中共犯人説を公言し、中共は武漢で開催された武漢ワールドミリタリーゲーム(2019年10月28日)にやって来た、アメリカで新型コロナに感染したアメリカ軍人が発症源だと主張する。

 アメリカは昨年9月17日、アメリカの大都市で新型コロナウイルスが発生した場合を想定したシミュレーションを、ジョン・ホプキンズ大学で、軍、政府、学者らが共同で行っている。
 またその月28日には、中共政府は武漢空港で、新型コロナウイルスが海外から持ち込まれたクラスターを想定したシミュレーション訓練を行った。
 アメリカも中共も、この新型ウィルスについての事情を知っていたことだけは確かであろう。

 そしてアメリカと中共が想定した通り、アメリカでも中共でも新型コロナの感染が広まり、大量の死者を出している。
 現在、感染者数、死亡者数を国別に発表している。それによると、例えば(6月12日現在)アメリカが200万人の感染者で11万人死亡している。続いて、ブラジルで74万人の感染者で3万8千人死亡、イギリスが29万人の感染者で4万1千人死亡など。中共は8400人の感染者で死者は4600人とあるが、これに関しては中共は嘘つきの国家であるから全く信用できないので,数字には何の意味はない(6月17日通信参照)。

 2019年9月から10月にかけて武漢ワールドミリタリーゲーム(軍人オリンピック)に参加した約300人のアメリカ軍人と観光客を合わせても、武漢にいたアメリカ人は1,000人足らず。一方、5万人を超える同ゲームの観戦者の内、約4万人は中国人であった。(武漢における感染可能者数アメリカ300人、中国4万人)

 なぜ「新型コロナの発症・感染源は武漢」と断定し、これを信じるのだろうか? 感染者数が感染源の数と規模を表すのは当然のことではないだろうか。 感染源がアメリカ以外には考えられない。それを中共の武漢であると、世界を信じさせているのが、まさに奥の院のメディア支配の威力である。

 では今回の新型コロナウィルス騒ぎを起こした犯人は、なぜこの感染源をアメリカに集中させたのだろうか。それは第3次世界大戦を引き起こすためである。今回の場合、大砲の撃ち合いや核兵器を使用しての戦争ではなく、生物兵器による新たな形の戦争かも知れない。

スポンサーサイト



コメント

[C43] 第三次世界大戦をあおる

第三次世界大戦をあおる奥の院、に同意します。
米国の暴動について、北京語を使う中国人とか、中国国旗の五星紅旗を振って後ろから指示してたとか、いくら中共でも、そんなミエミエのことをするか、とても疑わしい。
ヤラセか捏造の可能性が高いと思います。

[C44] 武漢は江沢民の上海派(奥の院)の本拠地

武漢は江沢民の上海派の、上海、香港と並ぶ本拠地。
以前は中国の利権の大半を握り、中国で大きな仕事を進めるには、その了解を得ないと言われた江沢民の派閥である。
表沙汰にはなっていないが、中国も、米国同様前々から「内戦中」であり、昨年の香港デモも、江沢民上海派の牙城の香港の不正を摘発しようと「逃亡犯条例」を適用しようと習近平の北京政府は動いたが、江沢民上海派がデモを組織して防いだものでしょう。
江沢民上海派が習近平の北京政府を陥れようとして、また経済大崩壊の責任者である奥の院が、責任の所在を誤魔化すため、同じく第三世界大戦を起こして、誤魔化すために、先ずは武漢から始めたと思います。

武漢の細菌研究の責任者は江沢民の孫であり、そこを統括する中国科学院のトップは江沢民の息子の江綿口
です。
また、ビルゲイツや米国衛生院のファウチも武漢の細菌研究所で過去数年共同研究を進めていました。
技術は米国やカナダから提供を受けていますし、資金もフランスやオバマの米国から受けていたことが明らかになっています。

話は変わりますが、悪事のほとんどは奥の院の中国代理人である、江沢民上海派と考えられますが、彼らの不正を摘発しようとしている習近平が一人悪者にされています。
これも奥の院マスコミの操作を感じます。日本の保守言論人もそれに右にならえです。
対立する両者の所業も区分すべきでしょう。先進国に対するスパイ行為もほとんどすべて江沢民上海派の企業です。軍隊もマスコミも彼等が握っている。
習近平は独裁者などと言われているが権力基盤が弱く、実際はいつまで政権は続くのかと観測されています。
トランプは、中共とか中国とか云って江沢民上海派の事を指し、習近平に対しては閣下と呼んで責任追及はしていない様です。
奥の院中国代理人である江沢民上海派を叩くには、習近平主席を利用しようというのが、トランプ安倍の考える所だと思っています。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する