Entries

血液供給

 警察の集計によれば、アメリカでは平均すると年間4000人の子供が行方不明になると見られている。その大部分が、ユダヤ人による儀式殺人の犠牲者であることは、全く疑問の余地はない。

 この国では、ユダヤ人の習慣がこれほどまでに蔓延って、ユダヤ人は子供の血液をアメリカで大量に採取して、これをイスラエルに運び、儀式での使用に供することができる。幸いに、今では冷凍技術と解凍技術が発達し、血液を冷凍して大量に空輸できるようになったからである。

 ユダヤ人の国イスラエルでの問題の一つは、宗教儀式に使える非ユダヤ人の子供が不足していることである。そして、イスラエルに対する最大の資金援助国であるアメリカはまた、イスラエルが必要とする子供の血液の最大の供給源になっている。

 アメリカ合衆国において、ユダヤ人は何ら罪を受けることなく、非ユダヤ人の子供の誘拐殺人を実行出来る状況が続いている。なぜなら、ユダヤ人はメディアをコントロールし、行政や司法の機関の要職の多くを掌握しているからだ。たとえば、CIA職員の6割はユダヤ人であるという。

 子供の誘拐事件が発生すると、まずその親たちに大金を払って黙らせる。騒ぎ立てないようにする。仮に、告発されても警察職員はこれを握りつぶす。それでも騒ぐとその親に様々な圧力を掛けて黙らせる。騒ぐ親たちを精神病扱いして病院に強制入院させ、そこで始末することもある。

 メディアはユダヤ人が完全に押さえているので、事件は報道せずに、騒ぐ親たちのことを嘘も交えて報道し、世の中から相手にされないように持って行く。
 その上で、警察やCIA職員が適当な人間を捕まえて誘拐犯に仕立て上げる。「異常性愛者」などと大々的に報道し、世の中の関心をそちらに持って行ってしまい 事件を落着させる。

 エドガー・フーバーは1924年5月、司法省内の捜査局の第6代長官に任命され、この組織がFBIと改称された後も、その初代長官に任命されて、死去する1972年まで第二次世界大戦を挟んで、半世紀50年この職にあった。リチャード・ニクソン大統領まで、8代の大統領に仕えている。

 フーバーはユダヤ人の引き起こす誘拐事件を、事件にしないようにうまく処理したため、FBI長官職を半世紀も務められたのである。歴代大統領は全て、自分のスキャンダルなど発かれたら困るので、このフーバー長官を怖がっていた。その意味では彼は大統領よりも強力な権限を持っていたということである。

 彼が死去した後は、FBI長官任期は10年と制限されている。しかし、大統領の任期は4年、再選は2回までであるから、最長8年と言うことで、FBI長官任期の方が長い。ユダヤはこの職にある者をしっかり握って、彼らの引き起こす誘拐事件を隠蔽している。
 アメリカの大統領を始め、政府要人、財界人全てFBI長官を恐れている。ユダヤはFBI長官を通じて睨みをきかせていると言える。CIAについても同じことが言える。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿