Entries

ユダヤ銀行家がヒットラーを生み育てた

 アメリカのFRS(連邦準備銀行制度)を生み出したジキル島での秘密会議を取り仕切った、ポール・ウォーバーグの実兄マックス・ウォーバーグは、ドイツに残ったユダヤ人銀行家である。

 彼は、アドルフ・ヒットラーという名の反ユダヤ主義政治家を見いだし、早い時期から彼の政治活動を支援してきた。彼と一緒にヒットラーを支援したのが、ユダヤ人のマックス・フォン・オッペンハイマー男爵である。彼もまたドイツのユダヤ人銀行家アルベルト・フォン・オッペンハイマーの息子で、ドイツの外交官であったが、彼については機会を改めて書く。

 二人はヒットラーの政治活動を支援するが、最初の資金提供は100万マルクであった。この資金で、ヒットラーは制服に身を包んだ突撃隊の一団を作り上げ、1923年11月にはクーデターを試みたが、これは失敗に終わった。ミュンヘン・クーデターである。その後もユダヤ人銀行家たちは、ヒットラーに資金援助し続けた。

 ポール・ウォーバーグの実兄マックス・ウォーバーグは、ナチスのユダヤ人弾圧の嵐が吹き荒れる期間中もドイツで平穏に暮らし、いよいよ戦争が近いと察した1939年に、ドイツを去ってアメリカに渡っている。厳しい通貨統制が敷かれた中で、マックス・ウォーバーグは全財産をもってドイツを離れることを許されている。
 
 ナチスの政治運動の初期の資金はユダヤ人の資金であったと言うことははっきりしているのである。1928年以降は、共産主義者によって工場を奪われることを恐れた非ユダヤ人の実業家たちによって賄われた。
 このような経緯で分かる通り、ナチスの政治運動の最初の起動力を提供したのは、ユダヤ人たちの資金であったということは厳然とした事実である。

 ユダヤ人銀行家たち(奥の院)は、1913年に作り上げたアメリカの連邦準備制度を使って通貨を大量発行して、第一次世界大戦を引き起こしいよいよ世界支配に乗り出した。欧州を焦土にし、オーストリアのハプスブルグ家を潰し、同時にロシア帝国のロマノフ王朝をも潰した。
 その後、ロシア帝国を潰して作ったソ連と組んで第二次世界大戦を引き起こし、日本を潰して世界支配を完成の域に近づけた。

 日本は別に彼らの世界支配の道を妨げる意図は全くなかったのであるが、彼らの造り上げた世界の植民地を解放しようとしたので、結果として彼らの邪魔になっただけである。最後の邪魔者が日本だったというわけである。日本はどこまでも善意である。しかし、これが彼ら奥の院にとっては一番都合の悪い存在なのである。日本はまだその一番重要な点に気付いていない。

 彼らは国際連合を中心とした国際機関を作って、世界支配を現実のものとして運営し始めているが、日本はこれらを理想的な機関として信仰しているようである。日本を虐めている国際機関であるにも拘わらず、せっせと真面目に分担金を支払っている。このこと自体は決して悪いことではない、良いことである。ただ、国連を使った日本潰しだけは、させてはならない。国連やメディアを使っての日本の天皇・皇室潰しだけは、絶対に防がなければならないのである。

 「皇統が男系であるのは男女平等に反するから改革しろ」なんていう勧告を出そうとしているので危ない。一部の日本人がこれに乗っかって「愛子天皇待望論」「女系天皇容認論」などと騒ぎ出している。これこそが奥の院の日本潰しのお先棒担ぎである。
 万世一系の天皇がおられなくなれば日本は終わる。世界で最後に残った王を潰すことによって、日本を終わらせることが奥の院の最終目標なのである。ユダヤは世界に二人の王は認めない、彼らにとっては世界の王はイスラエルの王だけである。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する