Entries

宗教的不寛容

 紀元2世紀の歴史家タキトゥスはユダヤ人のことを、「彼等の習慣は卑しく忌まわしく、彼等がその習慣に固執するのは、彼らが腐敗堕落しているからである。」と書いている。
 ローマ人は度々ユダヤ人を排除しようと試みた。だがその度に、ユダヤ人は必ず戻ってきた。ローマが当時、世界の富の中心だったからだ。昨日書いた通り、これほどの富から、ユダヤ人を引き離しておくのは不可能なことだったのである。

 皇帝ティベリウス(第2代皇帝)がユダヤ人を追放すると、彼等は「国際問題における前代未聞の宗教的不寛容」と叫び始めた。ユダヤ人が割礼や儀式殺人のような、いかがわしい習慣を止めないので、遂に皇帝ティベリウスはユダヤ人を追放したのであったが、彼等は彼等の卑しく忌まわしい彼等の習慣を彼等の宗教だと言い張り、「宗教的不寛容」と言う言葉を拵えて、これを格好の口実として喚き立てた。

 後にユダヤ人はフリーメーソンを乗っ取ることになるが、もともとフリーメーソンはキリスト教徒の集団で、ユダヤ人はメンバーに加入させなかった。そこで彼等はこの「宗教的不寛容」を言い立てて、先ずイギリスで加入に成功し、そこからヨーロッパ中のフリーメーソンに雪崩を打って入り込んでいった。そして至る所(国)に自分たちのロッジを作り、遂にこの組織を乗っ取ってしまった。

 彼等はいつも先ず言葉を造って、それで相手を攻撃する。耳障りの良い、中身は何もない言葉を造って、彼等にとって都合の悪い人、組織、国を攻撃する。「自由」「平等」「人権」「絶対王制」「ファシズム」「資本主義」「共産主義」「反ユダヤ主義」等々。これらの言葉には何の中身もないが、それぞれの言葉は、ある特定の人間、民族、国を攻撃してきた。

 皇帝ティベリウスは、ティベリウス・ネロ(暴君と歴史は伝える)の息子で、初代皇帝アウグストゥスの養子であるが、ユダヤ人がイエス・キリストを刑死させた時のローマ皇帝である
 ポンピオ・ピラトがローマの属州エルサレムを総督として統治していたが、ユダヤ人が「イエスを死刑にせよ」と言い立てるので、ピラトが「イエスは何の悪いことをしたのか」と聞いても、その問いには一切答えずに、とにかく「イエスを死刑にせよ」と大騒ぎするだけであった
 
 この頃より前、ローマの歴史家バレリウス・マキシマスは、紀元前139年、「ローマの法務官は、ユダヤ人がローマ人の道徳を堕落させようとしたので、故国に戻るよう強制した」と書いている。ユダヤ人がイエス・キリストをローマ軍に処刑させた当時、ローマ帝国は既にユダヤ人に蝕まれ、彼等の要求を入れざるを得ない状況にあったのである。

 ローマ帝国の属州エルサレムは、ユダヤ人の自治を認めていたので、彼等がイエスを死刑と決めて、その執行をローマ軍にさせたに過ぎない。ユダヤ教のラビ(僧)達からイエスの告発を受けたピラト総督は、イエスを尋問した。ところが彼を有罪とする理由が何もなかったが、ピラトはラビたちに煽動・強要されたユダヤ人群衆の要求に応えて、イエスを処刑したのであった。

 「カエサルのものはカエサルに」という言葉が生まれた。政治はローマ皇帝のすることで、「ユダヤ人の自治と言っても、そこには限界がある」、「自治といっても国法は守れ」と言っているのである。従って、この「カエサル」はローマ皇帝を指して言っているのである。 今であれば、さしずめ「アメリカ合衆国はアメリカ大統領に」と言うことになるのであろう。

 かつて、ハロルド・ローゼンタールが「キリスト教徒アメリカ人が、何故この国からユダヤ人を追い出さないのか不思議でならない」と言っている。ユダヤ人を追い出さないと、この国はそのうち壊される、と言っているのである。彼はユダヤ人でありながら、こう言ったので巧妙にテロを仕組まれて消された。(1月7日奥の院通信参照)
 古代における偉大なローマ帝国が、ユダヤ人に乗っ取られて滅んでいった道を、今アメリカ合衆国が辿っているのである。いずれにしても、太古の昔から、世界は彼等の奥の院が統治しているのは変わらない、と言うことである。

恥ずべき一派

 ユダヤ人は割礼をする。しかし、その割礼のゆえにユダヤ人はローマ人に侮られた。ところが、そのユダヤ人達はローマ帝国を滅ぼした。

 315年、皇帝コンスタンティヌス大帝(在位306~337年]はユダヤ人を排撃する最初の勅令を出し、その中で、彼はそのユダヤ人を「あの恥ずべき一派」と表現した。「あの恥ずべき民族」とは言ってない。ユダヤ民族ではなく、あくまでもその「一派」なのである。
 この勅令は、ユダヤ人が非ユダヤ人奴隷に割礼することを禁じ、更にそれまで許されていたユダヤ独自の、同族内処罰制度を禁ずることによって、ユダヤ人の自治を制限した。彼等の言う「自治」とは自分たちの居住しているローマ帝国の法律を守らないという意味である。

 この時までユダヤ人は、ローマの法律は自分たちには及ばないと考え、ユダヤ人社会においては、ユダヤ独自の法廷を開いていた。長老たちの支配に背くユダヤ人たちは、厳しく処罰されていた。
 だから、ユダヤ人行政権へのこのような干渉を受けたユダヤ人たちは、このコンスタンティヌス帝に対し、極めて強い反感を抱き、遂にこの大帝をローマから追放した。
 大帝がユダヤ人を追放したのではない、逆である。リンカーン大統領やケネディ大統領を殺害したのと同じである。同じように、日本の首相や要人も殺されている。

 追放された皇帝はコンスタンチノープル(現トルコのイスタンブール)へ行き、そこにビザンチン帝国(東ローマ帝国)を建設することになった。この国は、その後1200年存続する。国内には多くのユダヤ人がいたが、皇帝は、彼等を役人と教育者にしなかったから、潰されなかったのである。別に弾圧や迫害はしていない。

 古代ローマの偉大な政治家で歴史家でもあるタキトゥス(55~120年頃)はユダヤ人のことを次のように書いている。
 「ユダヤ人の習慣は卑しく忌まわしく、ユダヤ人がその習慣に固執するのは、彼らが腐敗堕落しているからである。ユダヤ人はユダヤ人同志では極端に忠実であり、いつでも同情を示す用意ができているが、異民族(非ユダヤ人)に対しては憎悪と敵意しか感じない。民族として激しやすい。ユダヤ人の中では、非合法なものは何もない」
 この指摘を聞くと、日本の近くの民族を思い浮かべてしまう。先の大戦後、彼らは日本に大挙して押し掛け、今では日本の政治を動かしている。日本人はそれをどうすることも出来ないでいる。

 タキトゥスの指摘している通り、ローマ人はユダヤ人の犯罪者・不道徳集団としての性質を、よく知っていた。では何故、誇り高く野心的なローマ人が、ユダヤ人の陰険な影響力に対して耐えおおせることができなかったのか。その答えは全く奇異なことであるが、ローマ人の性質そのものにある。

 強靱な民族であるローマ人は、東はパレスチナの砂漠地帯を含め、世界を征服し、世界帝国を築いた。しかし、自信に満ちたローマにはユダヤに対する防備がなく、ユダヤはいつもの通り、ローマの中心地に居住区を設け、かれらは寄生共同体を形成した。

 実際、ローマ人は何度もユダヤ人の排除を試みた。法を守らないので、何度も彼等を追放もした。しかし、いつの間にかまた彼等は戻ってきた。ローマが、当時世界の富の中心だったからである。これほどの富からユダヤ人を引き離しておくのは不可能なのである。

 ユダヤ人は富のあるところに巣くう。これは現在も全く変わらない。彼等は富のあるところに巣くって、その国を食い尽くしたら、次に栄えている場所へと移動していく。あるキリスト教研究者は、ユダヤ人を追い出した国は滅んでいくと言った。同じ現象を見方を変えるとそう言える。

 日本も例外ではない。日本はアメリカを通して彼等に食い尽くされつつある。先の大戦であれだけ日本人大虐殺しておいて、今頃「日本人とユダヤ人はルーツは同じ(日ユ同祖論)」などと言い寄ってきている。気味が悪い。
 日本は百兆円単位で、時々アメリカに強奪されているが、これはアメリカを通して彼等が召し上げているのであることに、残念ながら日本人は気がついていない。気づいて手を打とうとする日本の要人は、密かに暗殺されている(7月8日奥の院通信参照)。
 統べて犯人は太古の昔から同じ連中である。

身分証明書

 あるローマの学者は、ユダヤ人であることの証しについて次のように書いている。
 「ユダヤ人の分裂は人種間のものではなかった。モーゼの律法に忠誠を誓うものと、それを拒絶するものとの間の分裂であった。あらゆる人種の者が、もし望むならば、(ユダヤ人によって)ユダヤ社会に受け入れられるであろう。ただし、不可欠の条件として割礼を受け入れるならば、である。割礼のゆえにユダヤ人はローマ人に侮られたのである」
 もっとも、彼等はいくら非ユダヤ人に侮られようと、非ユダヤ人をゴイムとしか視てないので、一向に気にはしない。

 つまり、ユダヤ人として認められるには生物学的な血統は必要ではなく、「モーゼの律法に忠誠を誓う」かどうかで決められる。日本のやくざ、世界のマフィアの世界と全く同一である。ドンに忠誠を誓うかどうかだけである。そして、その絶対的条件としては、割礼をしているかどうかだという。

 国際的な闇社会の常として、ユダヤ人には絶対に明確な識別の徴が必要であった。つまり、直ちにユダヤ人の仲間であると分かる身体的符牒が必要だったのである。この身体的符牒(身分証明書)が割礼であった。
 割礼が必須であるとユダヤ人が常に主張してきたのは、まさにこの理由のためである。割礼はユダヤ人と自覚して活動する者のみならず、ユダヤ人が奴隷とした時の、非ユダヤ人の身元をも明らかにした。それはユダヤ人にとってバッチであった。

 従って、ユダヤ人が新たに入り込んで寄生したローマ帝国の中で、次第に権力を握り、奴隷を多数所有しはじめると、彼らが最初に行ったことは、その所有者を表示するバッチとして、非ユダヤ人奴隷に割礼を強制した。こうして非ユダヤ人が割礼されたことによって、ローマ人はユダヤ人に嫌悪感を抱き、これがローマ人を反ユダヤへ駆り立てたのであった。

 ユダヤ人の物書きカシュタインが、「ユダヤ人は化石人間である」と言ったが、彼等は太古の昔から割礼を強制していることをも、言っているのであろう。
 我々非ユダヤ人は、ユダヤ人のことを何も知らない。唯、ユダヤ人の意に沿わないことを書いたり言ったりすると、「反ユダヤ主義者」とあらゆる手段で叩かれると言うことだけ知っている。全人類が彼等のことになると、「唇寒し、秋の風」となる。

 非ユダヤ人はユダヤ人のことを一つだけ知っている。それは彼等はシナゴーグに行くと言うことである。どこの国でも、その国民はその身分を証することを、必要とすることがある。日本であれば、役場で住民票や印鑑証明書などを交付して貰う。

 ユダヤ人は世界中に散らばっているので、居住している国の居住を証明することは出来ても、ユダヤ人であることの証明は出来ない。彼等の身分証明は割礼であるが、日常使うには不便である。まさか、いちいち裸になるわけにはいかないであろう。彼等が極めて重要だと思う局面では、あるかも知れないが。
 彼等は必要に応じてシナゴーグに行くことだけは分かっている。ここからは想像であるが、シナゴーグが割礼に関する証明をしてくれるのであろう。だから世界中にシナゴーグがある。つまり、シナゴーグが世界中のユダヤ人の行政サービスをしているのである。日本にも東京・横浜・名古屋・神戸と4カ所にあるという。
 
 シナゴーグはユダヤ教の教会か寺院という認識であるが、勿論それもあるかも知れないが、実際はその国に居住するユダヤ人の役場なのであろう。彼等の身分を証する重要な割礼は、ここで行われているか、或いはここの指定する病院などで行われているのであろう。

 彼等はユダヤ国家を持ち、どの国にいても、その国家に忠誠を尽くす。居住している国家には忠誠を尽くすどころか、時には烈しく敵対する。しかも、彼等はユダヤ人であることを隠し、その国の人間に成り済ましているので、なお更、たちが悪い。
 先の大戦後に、彼等はイスラエルという国を、先住のパレスティナ人を押しのけて、強引に造った。イスラエル国民は問題ないが、世界中に散らばっているユダヤ人は、利害対立が起きた場合、どちらに忠誠を誓うのであろうか。

ギリシャの次は当然ローマとなる

 アレキサンドリアはギリシャ帝国末期に栄えたエジプトの大都市であるが、ユダヤ人はこの都市を破壊し、終いには自分たちの悪さの痕跡を残さないように、当時は世界最大規模であったアレキサンドリア図書館を破壊し蔵書は悉く焼いた。ユダヤ人がヘレニズム文化を解体させたのは、ここに於いてであった、とカシュタインも書いている。

 こうしてギリシャ文明が衰退すると、ユダヤ人は今度はローマを汚染し始めた。その時一番栄えている国に次々に移動していくのがユダヤ人である。だから、順路として、ローマ帝国にユダヤ人が大挙し移動する。彼等が影響を及ぼし始める当初から、ローマ人は危機に気付いていたが、ユダヤ人が潜行する影響を食い止める手立てはないように見受けられた。

 ローマの歴史家ディオドロス(紀元前一世紀のシチリア生まれ)は、著書『世界史』の中でこう書いている。「あらゆる民族の中で唯一ユダヤ人のみは、他のどのような民族とも上手くやっていくことを悉く拒絶し、他の全ての人間を敵と見なしている」と。

 ユダヤ人は他の人間全てを、彼らとは別の種であると見なした。自分たちが別個の種、神から選ばれた「選民」であると考える。自分たち以外はゴイム(獣)であると本気で思っている。だから、その当然の帰結として、彼等以外の人間に対しては、限りなく残酷になり得る。
 ユダヤ人は、他の人間をユダヤの利益のために家畜のようにこき使い、屠殺しても構わない無知な獣であると見なしている。

 それが証拠に、人類史上あらゆる「大虐殺」と言われる事件は、ほとんど彼等が引き起こしている。先の「ペルシャ人大虐殺」もそうであった。これは、それまで彼等が引き起こした大虐殺の中でも一番嬉しいものだったらしく、その記念として、彼等はその日を、彼等の最重要な祭日「プリマ祭」として永久に祝っている。

 日本人もその例外ではないことは、先の大戦で証明されている。焼夷弾と原爆で200万人の無辜の民が大虐殺された。彼等はこれをアメリカ兵にさせることによって、自分たちの悪さをうまく隠した。その上で、彼等は日本人に「自分たちが悪かった」と洗脳し、アメリカ兵をも救っている。ここで彼らは二重の防波堤を築いているのである。

 一つは自分たちが悪かったと洗脳し、日本人に犯人はアメリカだと思わせない。仮に、これに日本人が気付いても、次はこれが「ユダヤ人のしたことだ」とは、ゆめゆめ思わせないようにしている。そのために「反ユダヤ主義」なる言葉も用意し、常にこの言葉を吐き散らしている。
 さすが狡知である。欧州主要国では、これを更に慎重に刑事罰によって担保している。このことを口にしただけで即逮捕としている。ドイツではこのようなことは言えない、書けない。即逮捕が待っている。

 彼はまた、非ユダヤ人の大虐殺に関しては、全くの嘘物語をこしらえて、世界中に大宣伝する。金に厭かして、学校教育で、メディアで執拗に大宣伝し、嘘が終いには、本当だと信じられるようになる。我々日本人には馴染みの「南京大虐殺」「日中戦争での支那人大虐殺」となるのである。
 大虐殺ではないが、「26聖徒」の物語など、事実を曲げて「日本人は悪魔である」と世界に宣伝した。全てユダヤ人がメディアと教科書で造り上げたものである。

 実際の大虐殺では、逆に「ユダヤ人に無縁のもなのはない」と言い切ることが出来るであろう。
 彼等以外の人種はそれぞれ魂を信じ、神の存在を信じ、死後の世界を知っているからである。その意味では彼等の言うのと逆の意味で、人類には、ユダヤ人と非ユダヤ人しかいないのであろう。
 非ユダヤ人が人間で、ユダヤ人がゴイム(獣)と考えてのことであるが。こんなことを書くと、多くの自称教養人たちは「反ユダヤ主義者」と罵るであろうが、それは承知の上で敢えて書く。

次なる餌食・ギリシャ

 エジプト、バビロニア及びペルシャの文明は、ユダヤの裏切りと転覆工作によって、次々と崩壊していった。そして次ぎにユダヤの寄生禍の矢面に立ったのは、ギリシャであった。

 歴史上、ユダヤ人とギリシャ人ほど真っ向から対立した民族はないと言われる。ユダヤ人はいつの時代もギリシャ文化に対して大きな憎しみを抱いてきた。ギリシャ人(市民)は、歴史上、文明化された紳士・個人の上品さの代表であったが、一方のユダヤ人は依然として野蛮で、世俗のこと(物・金)のみに固執し、創造性や芸術性とは無縁で、名もない強盗団一員であり続けたからである。

 ラルフ・マーカスは『ユダヤ民族の偉大な時代と思想』で
 「我々はユダヤ国(当時パレスチナ南部の古代ローマ属領)周辺の、ヘレニズム期の都市が、ギリシャ建築と芸術品の宝庫であったことを、最近の建築遺跡の発掘により知っている」と書いている。

 ギリシャ文化の証しは荒野の端まで広がり、ユダヤ人の強盗団が出没しはじめる地域で終わっている。ギリシャ建築の遺跡など、此の地で消滅している。

 カシュタインは『ユダヤ人の歴史』にこう語っている。
 「ギリシャ人は、この当時の世界で、豊富な経験を持ち、その想像力は非常に豊であり、多くのものを創造した。・・・だが、こうした状況下でギリシャ人は、精神的価値と関わる分野では平静を保つことができても、ときには鈍感で田舎じみた信念に凝り固まった一つの民族・ユダヤ民族、つまり芸術も行儀作法も持たない野蛮人たちと、一緒にやっていかなければならなかった。
 そこで必然的にギリシャ人たちは、ユダヤ人たちに対する軽蔑の念を抱くと同時に、次第にやり場のない怒りを募らせた。このギリシャ人の態度は、避けられない当然の結果として、反セム気質つまりユダヤ人に対する嫌悪感を抱くようになった」と。

 カシュタインはここで、「反セム気質がユダヤ人に起因している」と認めているが、ユダヤ人側のギリシャ文化に対する憎悪については、一切触れていない。だが、『ユダヤ人の歴史』では、彼は反セム気質については、もっともらしい理由を付けている。
 「ユダヤは、アレキサンドリアのユダヤ人がヘレニズム文化の解体を引き起こしている間、ギリシャの反撃を不能にした」と。既にユダヤが此の地を実質支配していたと言うことである。
 このユダヤ人歴史家(カシュタイン)は、ユダヤ人のギリシャにおける破壊的影響力について,詳細は記していないものの、この事実を認めている。

 アレキサンドリア(エジプト)はギリシャ帝国末期の知性の中心であり、ここの図書館「アレキサンドリア図書館」は世界最大規模のものであった。カシュタインが述べているように、ユダヤ人がヘレニズム文化を解体させたのは、ここにおいてであった。のちにユダヤ人は、この大図書館を破壊し,そこにあった蔵書は全て焼却してしまった。

 このアレキサンドリア図書館には、ユダヤ人の破壊活動についての、何百冊もの歴史的参考文献が収蔵されていたからである。だからここで、ユダヤ人の大規模な焚書が行われたのであった。
 従って、アマルナ文書(7月13日奥の院通信参照)のような、石に刻まれた文書が発掘され、解読されるまでは、ユダヤ人達の行ってきた悪さについては、世界は全く分からなかったのである。